江東区

2008年11月 9日 (日)

Early Mornin' Rain 江東区東雲

Imgp76923 Imgp77011 一昨日の朝、ふたたび東雲に行ってきました。辰巳3丁目から東雲2丁目の鉄鋼団地に向かう途中、辰巳運河に架かる新末広橋のうえで数回シャッターをきった(1枚目)あとは、小雨が濡らすアスファルト道路をひたすら歩くのみ。建材埠頭ごしに羽田空港から飛び立つ機影を眺めているうちに、60年代にPeter Paul & Maryが唄ってヒットした"朝(あした)の雨"の詞を思い出し、しばし放浪者気分にひたりました。また、できの悪いジオラマを連想させるノッペリした風景を見つづけたこともあって、柄にもなく路傍の花を撮ってしまったのでした。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (6)

2008年11月 8日 (土)

夕暮れの砂町北運河 江東区新砂

Imgp7671_2 砂町北運河の北端に架かる小さなアーチ橋から撮った1枚です。殺風景な物流センターの建物が並ぶ新砂にあって、この一画にはまだいくつかの工場が残っています。橋の柵が写らないようにしたかったのですが、あいにく運河側には歩道がなく、かつ明治通りに向かう大型トラックがひっきりなしに通る狭い橋なので、断念しました。あいかわらずヘタレなのです。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2008年11月 7日 (金)

変わりゆく枝川 江東区枝川

Imgp7597_2 Imgp7624_2 枝川の街を歩いていると、いたるところで建築現場に遭遇します。丁寧に記録しておきたいと思っています。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2008年11月 6日 (木)

枝川市場 江東区枝川

Imgp8699_2 今日から2回にわたって、枝川1〜2丁目の情景をアップします。まずは枝川市場から。八百辰はいつもシャッターをおろしているので、あるいは廃業してしまったのかもしれません。いずれ内部の様子もご紹介するつもりです。
[追記]2008年12月13日、写真を変更しました。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (12)

2008年11月 5日 (水)

都営辰巳団地 江東区辰巳

Imgp7662 一目で虜になってしまい、2日連続で歩いてきました。ピカピカの建物ばかりだというのに、なぜか荒廃の気配を感じてしまう東雲の高層住宅街より、こういう街に暮らすほうが遥かに幸せなのではないか。団地の中にある小さな市場を眺めながら、そんな感慨にとらわれました。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2008年11月 2日 (日)

裏店 江東区白河

Imgp75712 藤沢周平の作品には、裏通りや路地の奥にある貸家を意味する裏店(うらだな)という言葉がよくでてきます。一昨日、その名残を探して小名木川沿いの裏通りを歩いてみましたが、全くの期待はずれ。2時間ほど歩いたところで諦め、地下鉄駅に向かうことにしました。そんなときに出くわしたのがこの小径です。徹夜明けの身体をおして歩いた甲斐がありました。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (6)

2008年11月 1日 (土)

平久橋のたもとで 江東区木場

Imgp74881_2 平久川と大横川の合流点付近で撮った1枚です。いつも人の気配がないので廃屋とばかり思い込んでいましたが、夕暮れに通りかかったところ暖簾が掛かっていました。何のお店なのか、時間の余裕があるときに覗いてみるつもりです。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (6)

2008年10月31日 (金)

枝川夕景 江東区枝川

Imgp7516最近は、これまで手を抜いてきた江東区南部を精力的に歩いています。アップした写真は、東雲北運河のほとりで撮った船舶用エンジンを扱っている工場です。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (6)

2008年10月30日 (木)

海へ 江東区辰巳

Imgp7549 久しぶりにカメラに触ったら、むしょうに海が見たくなってしまいました。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (6)

2008年9月15日 (月)

盲点 江東区南砂

Imgp7209 Imgp7210 先日、いつも携行している1/10,000地形図を眺めているうちに、路地や細い道を踏破することに夢中になるあまり、幹線道路をほとんど歩いていないことに気づきました。幹線道路沿いにはビルやマンションがたっているケースが多いので、無意識のうちに避けていたのかもしれません。そこで最近は、暗くて写真が撮れない時刻になってから幹線道路を歩き、面白そうな情景があれば地形図に印をつけておいて、後日あらためて立ち寄るようにしています。アップした写真は、いずれも清洲橋通り沿いで撮ったものです。なお、1枚目に写っている女性は全身を防寒着で固めていますが、撮影時の気温はゆうに30℃(もちろんプラスです)を超えていました。
pnc写真倶楽部通信 も更新しています。ぜひご覧ください。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

より以前の記事一覧