品川区

2012年6月30日 (土)

海の気配

Imgp2086 生家のあるいわき市北部は落葉樹林帯に属しますが、黒潮の影響で、海辺にはわずかながらも海洋性の照葉樹林が点在しています。そんなわけで、照葉樹の群落にであうと海を感じます。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

@Ohi, Shinagawa-ku, Tokyo

| | コメント (0)

2012年2月13日 (月)

ふたつのWaltzing Matilda

Imgp2088 大井埠頭地区からの帰り、JRの車両基地をまたいでいる橋の上で。こんな景色を見せられた日には、道が尽きるところまで歩いてみたいといった放浪への憧れがつきあげてくるのですが、暮らしのしがらみにがっちり絡めとられている身にとっては、夢のまた夢。せめてもとDon Randi TrioのWaltzing Matildaを聴いたりします。 近ごろはその名も"踊ろうマチルダ"さんが歌う踊ろうマチルダや、NHKのドラマ"とんび"のエンディングに流れていた箒川を渡っても沁みます。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

@Yashio, Shinagawa-ku, Tokyo

| | コメント (0)

2008年4月 4日 (金)

ゼームス坂あたりで(2) 品川区南品川

Imgp3146f5ゼームス坂から池上通りに抜ける途中で見かけた情景です。かつては小商いの店や職人さんの仕事場が軒を連ねていたであろうこの裏町も、あと10年もすれば、ありふれた住宅街になってしまうのでしょう。せめて下町的なコミュニティの温かさだけは生き残って欲しいものです。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (0)

2008年4月 3日 (木)

ゼームス坂あたりで(1) 品川区南品川

Imgp3143f6 五反田駅から勝島運河に向かう途中、ゼームス坂界隈で撮った情景です。休日のせいか、ひっそりとした空気が流れていました。裏通りには小さな町工場も多いようなので(この写真を見る)、いずれじっくり歩きたいと思います。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (0)

2008年3月15日 (土)

鮫洲商店街 品川区東大井

Imgp3157f_2 本日2回目のエントリーは、鮫洲商店街の情景。SILKYPIX DS 3.0のプリセットパラメータ"ファインストリート"で現像してみました。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2008年3月13日 (木)

日曜日の品川宿で

Imgp3160p 旧東海道と鮫洲駅からの小径(この写真を見る)がまじわる辻で撮った一枚です。建物だけ写すのも芸がないと思い、カラフルな自転車を押した女性がフレームの端に入るのを待ってシャッターを押そうとした瞬間、イガグリ頭のおっちゃんが乱入してきたのでした。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (6)

2008年3月11日 (火)

早春の勝島運河(2)

Imgp3267_2 夕焼けのホワイトバランスには、いつも悩まされます。撮った直後に液晶画面の色合いと実際の空の色が合っていることを確認はしているのですが、現像する段階になると「これほど鮮やかなピンクだったかなあ」などと気になりはじめ、しまいには露出についても自信が持てなくなってきます。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (4)

2008年3月10日 (月)

早春の勝島運河(1) 品川区東大井

Imgp3214 都心で所用を済ませたあと、品川区内をぶらついてきました。海風はまだ冷たかったものの、勝島運河の土手は菜の花で埋めつくされいました(この写真を見る)。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2008年2月13日 (水)

撮り鉄デビューへの長い道#2

Imgp2055 JR大井工場周辺は2回ほど偵察しましたが、塀と金網でがっちりガードされているため、今のところ攻略の糸口すら掴めていません。まだロケハンの済んでいない東急大井町線の大井町駅やイトーヨーカ堂などからの眺めに望みをつないではいるものの、苦戦は必至の情勢。都内は諦め、川崎・横浜方面へ転進しようかとも考えはじめています。
冒頭の写真は、JR大井工場と三共工場に挟まれた一画で見かけた町工場。隣接する南品川には、明治期に建てられたという煉瓦造の建物(日本ペイント所有)もありました。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)Imgp2058

| | コメント (0)

2008年1月31日 (木)

江戸人的空間感覚 品川区八潮

昨日、北原亞以子さん原作のドラマ"慶次郎縁側日記"の再放送を視ていたら、「八丁堀から池袋村までは3里、早足で一時(いっとき)」というナレーションに出くわしました。ご存知のように、江戸時代の一時は季節によって変動しましたので精確ではありませんが、主人公の慶次郎は2時間前後で歩き通した勘定になります。
かつて自宅のある善福寺から善福寺川・神田川沿いの小径をたどって、隅田川(台東区柳橋)まで歩いたことがあります。ときおり小休止をとったにもかかわらず、所要時間は6時間足らずでした。それ以来、東京は思いのほか狭いという実感があるので、このナレーションを耳にして、「そんなもんだろう」と頷いた次第です。どうやら3年近く東京の街をほっつき歩いてきたオイラの空間感覚は、江戸時代に生きた人たちのものにかなり近づいちゃったみたいです(^^;。
2枚の写真は、今月のはじめ大井埠頭から勝島運河へと急ぐ途中に撮った東京貨物ターミナル駅と大井競馬場入り口の様子です。このときの時速もほぼ6kmでした。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

Imgp2096_2 Imgp2098_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)