豊島区-2

2012年2月15日 (水)

雑二ストアー

Imgp4132_2 2007年4月15日、豊島区雑司が谷2丁目の雑二ストアーで。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

@Kyojima, Sumida-ku, Tokyo

| | コメント (0)

2011年11月19日 (土)

12月3日、強い風 豊島区雑司が谷

Imgp2976_5 安藤裕子さん風のタイトルにしてみました。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2011年9月 6日 (火)

パピヨンのいる夕暮れ 豊島区雑司が谷

Imgp2850 鬼子母神にほど近い雑司ヶ谷3丁目の商店街で。夕暮れのお散歩を楽しんでいる美容室"サロン・ド・ティオ"の看板犬くんです。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2011年9月 5日 (月)

山政マーケット 豊島区南長崎

Imgp8773 本家"トキワ荘"があった南長崎3丁目で。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2010年12月18日 (土)

ブルーシートのある情景(2)

Imgp2887_2 雑司ヶ谷にむかう途中、南池袋2丁目で撮ったものです。つきあたりの高架は首都高5号池袋線。右折すると都電荒川線の東池袋4丁目停留所が見えてきます。

| | コメント (2)

2010年12月10日 (金)

神田川 豊島区高田

Imgp3176 ほのかに残照を映した川面を眺めやるうちに、6年前、はじめて自宅から善福寺川・神田川の流れに沿って海をめざしたときのことや、歩くこと撮ることが楽しくて楽しくて、毎日のように出かけては夜遅くまで路地や小径をさまよっていた頃のことを思い出しました。漱石の"三四郎"のなかに「尤(もっと)も驚いたのは、何処迄行ても東
京が無くならないと云う事であった」という一文があるのですが、僕もいまだに東京の広大さとその奥行き、多様性に圧倒されつづけています。

| | コメント (2)

2010年12月 7日 (火)

魔界 豊島区雑司が谷

Imgp2985 田んぼの畦道や山道をのぞけば、指で数えられるほどの道路しかない小さな町で育ったこともあって、極度の方向音痴です。自宅の近くであっても、ふだん通らない道に足を踏み入れたら最後、真逆の方向に歩いてしまうことも珍しくありません。そんな身にとって、雑司ヶ谷の街はまさに魔界、これまでも幾度となくその餌食となってきました。目白台地の坂上から日没直後のパノラマを撮ろうと夕暮れ道を急いでいたこの日も、例外ではありませんでした。アップした写真のあたりで方角を失い、表通りの喧噪が間近に聞こえるものの、どうしても脱出できません。1/10,000の地形図を携行していたにもかかわらずです。で、ようやく日無坂に到着したときには、街はすでに濁った宵闇に覆われていたのでしたorz。

| | コメント (0)

2010年12月 6日 (月)

高田晩秋(2) 豊島区高田

Imgp3136p 環状4号線の建設予定地内で撮ったものです。何度か昔の様子を話してくれたおばあさんが住んでいた家は、更地になっていました。

| | コメント (0)

2010年12月 5日 (日)

高田晩秋(1) 豊島区高田

Imgp3125_3_dxo66944200 環状4号線用地の買収がすすみ、空き地や廃屋が目につく高田1丁目で撮りました。人類が経験したことのないほどの超高齢化社会が現実のものとなりつつある一方で、若年層における非正規雇用がこれまた異常なほど拡大しつづけている我が国の自動車保有台数は、じきに減少しはじめるでしょう。もういいんじゃない?道路をつくるお金があるんだったら、すこしでも生活を豊かにするために使おうよと言いたくなるこの頃です。

| | コメント (0)

2010年12月 4日 (土)

風が吹き荒れる夕暮れに 豊島区雑司が谷

Imgp2973 風が吹き荒れる日は写真日和。というわけで意気込んで出かけてはみたものの、あれもこれもと欲張ったあげく、なんだかなあという写真を量産する結果になってしまったのでした。こちらはもう少し近づいて撮ったものです。

| | コメント (0)