« 餅つき大会 | トップページ | 亀戸路地景 »

2012年3月 8日 (木)

床屋さんのある風景

Imgp1579_2 2006年4月9日、鍋屋横丁で青梅街道から分かれ、"堀ノ内のおそっさま"としてしられる日蓮宗妙法寺に向かう参道沿いで撮ったものです。位置を確認するためストリートビューでチェックしてみたところ、廃業したのか、黄色のテント地は外され、骨組みだけが残っていました。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

@Honcho, Nakano-ku, Tokyo

|

« 餅つき大会 | トップページ | 亀戸路地景 »

中野区-3」カテゴリの記事

コメント

この辺は、よく通りました♪
そろそろ床屋さんに行かなければなんですが、散髪代は今回のアレで病院へ通う交通費に喰われてしまいました。
一月ほど前「自分で何とかした」前髪は、「中南米の原住民」風でした。
御近所中に笑われましたので、今回はどうしてもプロの手に掛かりたいのであります。

投稿: とっぷくぷ | 2012年3月 9日 (金) 00時41分

>とっぷくぷさん
近ごろは売れないホストみたいな薄汚い髪型にする馬鹿野郎が多いような気がします。男は黙って理容店なのであります。
ところで「自分で何とかした前髪」って、もしかしたら"たま"のボーカルをやっていた知久 寿焼さんみたいな感じでしょうか?ぜひ写真のアップをお願いします。

投稿: Rambler5439 | 2012年3月 9日 (金) 11時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 餅つき大会 | トップページ | 亀戸路地景 »