« 薄曇りのち霙、ときどき雪(2) | トップページ | 薄曇りのち霙、ときどき雪(4) »

2012年3月24日 (土)

薄曇りのち霙、ときどき雪(3)

Imgp3051 おなじく喜多方市緑町で。ボタン屋紙店の向かいにある下見板張りの建物は、アーティスト・イン・レジデンスのためのスペース"オモイデハウス"です。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

@Midoricho, Kitakata, Fukushima

|

« 薄曇りのち霙、ときどき雪(2) | トップページ | 薄曇りのち霙、ときどき雪(4) »

会津」カテゴリの記事

コメント

あの強烈な揺れも、北方の辺りには目こぼしをしてくれたのでしょうか?
浜通りでは倒壊してしまった古い家屋もちらほら有ると聞きましたが、こちらは無事のようですね。
広野では、6号線沿いのドライブイン(旅館と併設)でよく食事をしました。
・・・みんな無事かなぁ。
家は木戸と竜田の中間くらいですから、広野が最も近い隣町です。

投稿: とっぷくぷ | 2012年3月24日 (土) 12時45分

>とっぷくぷさん
今回の大地震では、会津にある1世紀以上も前に建てられたわが家も若干の被害を受けました。地震保険がおりることになりましたが、浜通りのことを考えると申し訳ない気持ちになります。
広野町の呉服店に婿入りした母方の叔父は、近県にまで支店を出すほど事業を拡大したあげく倒産させ、連帯保証人となっていた母を含む一族は、信じられないほどの金額を失うハメになったのでした(^^;。その叔父は、広野町のはずれでモーテルを併設したドライブインも経営していましたので、とっぷくぷさんの利用したドライブインは、あるいは叔父のものだったかもしれません。

投稿: Rambler5439 | 2012年3月25日 (日) 08時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 薄曇りのち霙、ときどき雪(2) | トップページ | 薄曇りのち霙、ときどき雪(4) »