« 変わりゆく西荻窪 | トップページ | Огонёк 中央区勝どき »

2011年10月23日 (日)

家路 墨田区堤通

Imgp484822 2007年4月26日、白鬚橋のうえで。現在の橋が架けられたのはまだ溶接技術がそれほど発達していなかった1928年で、写真からもお分かりいただけると思いますが、鉄骨はリベットにより接合されています。なお、白"髭"(くちひげ)橋ではなく白"鬚"(あごひげ)橋ですので、ご注意を。白鬚神社も同様です。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

|

« 変わりゆく西荻窪 | トップページ | Огонёк 中央区勝どき »

墨田区-2」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。はじめまして。
FA20mmで飛んで参りました。
お写真たくさん拝見致しました。
すばらしい審美眼をお持ちで、引込まれました。
これからの記事も楽しみにしております。
やはりistDSの頃の艶っぽい描写って絵が落ち着きますよね。
私もDS2とK-7を使っておりますが、DS2に戻りたくなる事が多いです。

投稿: barrameda | 2011年10月24日 (月) 11時14分

>barramedaさん
過分のコメント、ありがとうございます。
DSを使っていた頃は単焦点(24/35/50)がメインでした。
ここ数年は記録性のあるスナップ写真が撮りたくて標準ズームを使っていますが、いずれ単焦点レンズ(FA35mmがメイン)を着けた銀塩カメラにポートラをつめて撮り歩きたいと思っています。ブログ、拝見いたしました。やはり銀塩は別格の味わいですね。これからも宜しくお願いします。

投稿: Rambler5439 | 2011年10月24日 (月) 12時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 変わりゆく西荻窪 | トップページ | Огонёк 中央区勝どき »