« サクション瓦斯機関株式会社 | トップページ | 夜のアパート街 »

2011年8月 4日 (木)

門衛

Imgp0133 高円寺北3丁目ある地底世界への入り口を衛っていたゼンマイ仕掛けの少年。「この先にあるのは天国ですか」と訊ねたところ、「さあて、誰ひとりとして還ってきた人間がいないもんでね」という嗄れ声をひびかせてくるのでした。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

|

« サクション瓦斯機関株式会社 | トップページ | 夜のアパート街 »

杉並区-3」カテゴリの記事

コメント

う・・何か怖いですね・・この人。
この辺で地下って言うと、「猫屋敷」を思い出します。
大和町に住んで音楽に精を出していた頃、初めて出演したライブ喫茶でした。
現在は「ペンギンハウス」と名前を変えて、営業しています。
「猫屋敷」は、元防空壕でしたので、変なところに柱のある一風変わった店でした。

投稿: とっぷくぷ | 2011年8月 4日 (木) 21時00分

>とっぷくぷさん
不気味さを醸し出すため敢えてブレさせてみました(嘘です。怖かったので少し震えてしまったのです(^^;)。
場所は"唐変木"という昭和40年代をそのまま塩漬けにしたようなお店に降りる階段の手前にあるギャラリー風のスペースです。次回はじっくり見学してくるつもりです。

投稿: Rambler5439 | 2011年8月 5日 (金) 10時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サクション瓦斯機関株式会社 | トップページ | 夜のアパート街 »