« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月27日 (土)

早春 会津若松市西七日町

Imgp6428a_3 2月下旬、養母の祥月命日に帰省したおりに撮ったものです。この冬はいつになく雪が多く、市内のいたるところに吹きだまりが残っていました。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2011年8月26日 (金)

猛暑日 喜多方市字一本木上

Imgp1437 いまわが家の周辺は嵐の真っ只中で、杉並区の防災無線が善福寺川の氾濫に注意するよう呼びかけています。愛猫のゲンゾーも心なしか不安顔。えらいこってす。
アップした写真は喜多方市中心部の商店街で撮ったものです。カメラを構えていると、あまりの暑さに脳味噌が煮くずれしてしまったらしい青年が異常接近してきたので、ややキツメにあしらったところ、男はやにわに両腕をひろげジェット機へと変身、キーン ! という奇声を発しながらアマゾン店内に突入していったのでした。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2011年8月25日 (木)

陽炎横丁 会津若松市行仁町

Imgp1299 この5月、生家の墓参りをしたおりに父の行年まであと2年かなどと感慨にふけっていたら、夕暮れどきだけ撮るなどと悠長にかまえていた日には、自分が生きた三つの土地とそれらをつないでいる線路や道路沿いの風景を残しておこうという目論見は、どう考えても成就できないことに気づきました。というわけで3年ぶりに日盛りの街撮りを再開しています。
アップしたのは、行仁小学校の裏手で見かけた砂利道で撮ったものです。逆光上等 ! 白トビ上等 ! だって夏だもの。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2011年8月24日 (水)

呉服屋さん 会津若松市西栄町

Imgp1245 生家はいっとき呉服屋をやっていました。お金を稼ぐ才能が絶無だった父のことですから、あっという間に経営に行き詰まったことは言うまでもありません。お金に縁がないところを含め、ますます父に似てきたなあと感じる今日この頃です(^^;。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2011年8月23日 (火)

Life After People 会津若松市日新町

Imgp1232 末広酒造のある通りで。ファインダーを覗きこみながら、人類がいまだかつて経験したことのない超高齢化社会に生きているという現実を噛みしめました。中山間地域から東京都区部にいたるまで、アメリカのヒストリーチャンネルで最高視聴率を獲得した"人類滅亡 - LIFE AFTER PEOPLE"に出てきても不思議ではないような情景をよく目にする。そんな時代になりました。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2011年8月22日 (月)

斜陽 会津若松市大町

Imgp1195 先日ご紹介したマルマン酒店の近くで撮ったものです。使用カメラは撮像素子がCCDのK10D。高感度性能は最新のCMOS機に劣るものの、好みの写りなのです。

| | コメント (4)

2011年8月20日 (土)

隠れ里の最期 新宿区三栄町

Imgp15462 これまで何度かご紹介してきた"四谷の隠れ里"。大学時代の友人たちとの飲み会で若葉2丁目まで出向いたついでに立ち寄ったところ、古いアパート(第一、第二長島荘)や石塀で囲まれた民家が取り壊され、駐車場や空き地になっていました。かつて"Poetry House 槐(えんじゅ)"という喫茶店をやっていた女性にお話をうかがったところ、立ち退きなどをめぐり「けっこうな騒ぎ」があったとのこと。好きだった情景が消えてしまったこともあってか、この日は泥酔してしまいました。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (4)

2011年8月19日 (金)

表通り 喜多方市字3丁目

Imgp1454 喜多方市の中心部に位置するふれあい通り商店街(別名、中央通り商店街)。かつて歩道部分をおおっていた雁木造りのアーケードが撤去され、懐かしい情景が甦っています。会津若松市の七日町で進められている街並づくりにみられるような"わざとらしいレトロ感"が鼻につくこともなく、見事でした。Imgp1443_2

Imgp1455_2
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2011年8月18日 (木)

裏町 喜多方市字2丁目

Imgp1493 マーケット通りの奥にある小径で。もうじき午後5時だというのに、街には盆地特有の暑熱が澱んだままで、あえぎながらシャッターを切りました。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2011年8月17日 (水)

逆光線 喜多方市字2丁目

Imgp1485 喜多方市の中心部にあるマーケット通りで。生活保護のケースワーカーをしていた20代の中頃、担当していた山都町(当時は耶麻郡山都町、現在は喜多方市山都町)への行き帰りに飽きるほど立ち寄った街なのですが、いつも役所の車(AMラジオすらついていないオンボロのライトバンでした)を運転していたので、幹線道路沿いの情景しか記憶にありません。今回、義姉がやっている絵本専門店に車を置かせてもらいゆっくり歩いてみたところ、そのまま"青い山脈"のロケができそうな街並をいたるところで目にしました。いい街です。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (4)

マルマン酒店 会津若松市七日町

Imgp1185 養家の菩提寺の近くで見かけた酒屋さんです。約束の時間を過ぎてもいっこうにやってこない家人たちを待つ間に、店先に飾ってあったシクロ(タイの自転車タクシー)にまつわるお話をうかがいました。まだ現役バリバリとのことで、ご主人から「乗ってみっかい?」とお誘いいただきましたが、長くなりそうな予感がしたので今回は遠慮させていただきました。つぎに帰省したおりには、試乗リポートをお送りしたいと思っています。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2011年8月16日 (火)

日盛りの博労町で 会津若松市相生町

Imgp13422 もとの博労町(現在の町名は相生町)で。まだ午前9時過ぎだというのに、アスファルトからは陽炎が湧きあがり、ファインダーを覗きこむ目には、白日夢のような情景が映ったのでした。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2011年8月15日 (月)

墓まいり 会津若松市大町

Imgp1202 養家の菩提寺で。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2011年8月10日 (水)

草いきれ

Imgp0975 暑熱がどっかと居座った妙見島西岸で。かすかに錆の臭いをはらんだ草いきれに、くらくらしました。ここで暮らす野良猫たちもバテ気味の様子でした。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2011年8月 9日 (火)

西日

Imgp09642 妙見島にむかう途中、旧江戸川に架かる浦安橋のうえで。とうに午後5時をまわってはいたのですが、川風はそよりとも吹いてくれず、脳味噌が煮えたつほどの暑さでした。

| | コメント (4)

東葛西夕景

Imgp1056_2 昨日、若い友人の送別会に出席するため出掛けたついでに、旧江戸川に浮かぶ妙見島周辺を歩いてきました。アップした写真は東葛西2丁目の旧江戸川にほど近い一画で撮ったもの。生家のある海辺の町を思い出しました。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2011年8月 8日 (月)

山谷夕景

Imgp9726_2 もっぱら24mmのマニュアル単焦点レンズで撮り歩いていた2007年の夏に、台東区日本堤1丁目にあるアーケード商店街で。手ブレ補正機能のついていないボディでしたが、一脚を使っていたので、そこそこの歩留まりでした。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2011年8月 7日 (日)

夜のアパート街

Imgp9669_3_2 2007年9月、東向島3丁目で。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2011年8月 4日 (木)

門衛

Imgp0133 高円寺北3丁目ある地底世界への入り口を衛っていたゼンマイ仕掛けの少年。「この先にあるのは天国ですか」と訊ねたところ、「さあて、誰ひとりとして還ってきた人間がいないもんでね」という嗄れ声をひびかせてくるのでした。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2011年8月 2日 (火)

サクション瓦斯機関株式会社

Imgp5410_2_2 今年の1月に撮った、葛西橋西詰にある1911年創業のサクション瓦斯機関株式会社の組立工場です。創業年次や社名から判断すると、もともとは工場や小規模の発電所などで使われていた石炭ガスを燃料とするエンジンを製作していたのでしょうか。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »