« 霧の朝(1) | トップページ | 師走の工場街 »

2011年7月16日 (土)

大久保商店

Imgp2558s 前にご紹介した塚原呉服店と同じ並びにある日用雑貨のお店です。2009年3月2日撮影。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

|

« 霧の朝(1) | トップページ | 師走の工場街 »

会津」カテゴリの記事

コメント

道路側の面がスッパリと切り落とされたようで、お見事ですね。
ギリギリまでスペースを活用する設計でしょうか?
ちょっと竜田のたばこ屋さんを思い出しちゃいました。
いや、造りは全然違うのですが、あちらに行っている時、
チェリーを置いていてくれたので通った店です。
ちなみにチェリーは、生産終了だとか・・。
福島の煙草農家が避難させられてしまった事が、
一因かも知れません。
・・・・まったく!!

投稿: とっぷくぷ | 2011年7月16日 (土) 19時31分

>とっぷくぷさん
おばんです。このあたりは明治時代から昭和初期に建てられた建物がよく保存されていて、早朝や黄昏どきに歩くと、けっこう楽しめます。
竜田という文字で思い出したのですが、ぼくが中学生のときに使っていた机は、竜田郵便局のお古でした(向かいの家のおばさんの実家だったのです)。
チェリー、ついになくなりますか。僕はハイライト-ロングピース-シュートホープ-マイルドセブン-ピースライトという遍歴だったのであまりすったことがありませんが、おやじがチェリー派だったので、自身のタバコをきらしたときにはよくお世話になったものでした。
北関東から南東北にかけてのタバコ農家は全滅ですね。その無念、察するにあまりあります。

投稿: Rambler5439 | 2011年7月17日 (日) 00時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 霧の朝(1) | トップページ | 師走の工場街 »