« 雨あがりの街で(2) 渋谷区代々木 | トップページ | へのへのもへじの赤ちゃん »

2011年6月22日 (水)

だれひとり忘れまい なにひとつ忘れまい 

Imgp4333_2
津波で壊滅した故郷の漁港の、在りし日の姿です。2年前、iMacとバックアップ用の外付ハードディスクが同時に壊れたとき、JPEG、RAWファイルともに消失してしまったと思い込んでいたのですが、CDに焼いてありました。もう撮ることのできない情景なので、大切にしたいと思います。
タイトルは、ナチスによる包囲戦で50万人を超える市民が死んだといわるレニングラード(現在のサンクトペテルブルク)の、ピスカリョフ共同記念墓地の記念碑に刻まれた言葉。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

|

« 雨あがりの街で(2) 渋谷区代々木 | トップページ | へのへのもへじの赤ちゃん »

その他」カテゴリの記事

コメント

CDが見つかって、良かったですね。
こんな貴重な写真は、そうありません。
他のブログへも送ったのですが、亡くなられた方々へのレクエイムとして・・。
http://www.youtube.com/watch?v=ry_WACFd8Ds&feature=related

投稿: とっぷくぷ | 2011年6月23日 (木) 07時14分

>とっぷくぷさん
ありがとうございます。
ナターシャさんの歌、堪能しました。
彼女が"防人の歌"を歌っているビデオも、かつて大和朝廷によって征服され、西に連行されていった東北の人々のことを思いながら拝見しました。

投稿: Rambler5439 | 2011年6月23日 (木) 12時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨あがりの街で(2) 渋谷区代々木 | トップページ | へのへのもへじの赤ちゃん »