« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月11日 (月)

おしらせ

Imgp6302_2_dxopp37200 しばらくの間、更新を休みます。

|

2011年4月 2日 (土)

訃報

「21世紀は希望の世紀か? しかり、 希望の世紀だ。21世紀は希望の世紀でなければならない。私たちがそうしなければならない」Imgp6667_2

駒場にあった学生寮で自堕落な留年生活を送っていた37年前のある日、同級生ふたりと暮らしていた30畳ほどの部屋に、見慣れぬ来客がありました。きけば30年ほど昔の住人とのことで、壁という壁を埋めつくす落書きを眺め回したあと、「さすがに残っていないか、ももの落書き」とポツリ。14から18までの5年間を怒れる少年たちの一員として過ごした者にとって、いいだもも氏はアイドルも同然の存在でしたから、この呟きを耳にしたあとのわれわれが、来訪者を丁重にもてなしたことは言うまでもありません。今年になって一坪書斎づくりを思いたち、排列する本について考えはじめたとき、真っ先に思い浮かんだのが氏の処女作"斥候(ものみ)よ  夜はなお長きや"(1961年)と"われらの革命"(1969年)で、程度のいい古本を探しまわっているところだったこともあり、今朝ほど訃報に接し、いいしれぬ喪失感を拭えずにいます。氏が晩年の著書"<主体>の世界遍歴"(2005年)で述べた一節を、たまたま手もとにあった"時代を挑発する"(1969年)の表紙とともにご紹介しておきます。

| | コメント (10)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »