« 東町商店街で | トップページ | 古い写真帳から(7) »

2011年3月 7日 (月)

消えゆく町工場

Imgp6250_dxokk64391515 かつては中小規模の工場や職住一体型の町工場が多くみられた荒川区北部でも、工場の移転や廃業などによって住宅地化が進んでいます。アップした写真はこの冬、荒川8丁目で撮ったものです。
SILKYPIX+DxO FilmPack(Kodachrome64/濃度39)

|

« 東町商店街で | トップページ | 古い写真帳から(7) »

荒川区-2」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
僕にとって工場というと、だだっ広い敷地に立つ平屋建てなのであります。小金井で旋盤を、羽村でアルマイトのでっかい板を切断していました。

その頃の三多摩中西部は、一種殺風景な風の吹く産業基地だったのであります。今でも日野と八王子の接点辺りで、その空気を感じる事が出来ます。

投稿: とっぷくぷ | 2011年3月 7日 (月) 20時45分

辛いなあ・・・・・。

私達も厳しい中にあり、他人事では有りません。
閉じた工場群に 郷愁は有りません。
ひたすら悲しいのです。

投稿: 光代 | 2011年3月 7日 (月) 23時31分

>とっぷくぷさん
おお、工場で働いていたこともおありでしたか。僕は一度もないのですが、性格や特性からすると、工作機械で細かい作業をするのが向いていると思っています。
僕にとっての工場は、実物を拝んだことは一度もないのですが、プーリーやベルトを介した動力で動く旋盤やフライス、ボール盤、プレーナーといった工作機械がずらりと並んだ、鉄道会社の機械工場(Machine Shop)です。

投稿: Rambler5439 | 2011年3月 8日 (火) 09時37分

>光代さん
東京都区部では、町工場を壊してアパートや賃貸マンションにしたほうが、収入が多くなるのかもしれません。もちろん、背景には下請けが馬鹿をみる構造があります。国や財界は、"ものづくり"や科学技術の振興を声高に唱えていますが、そのまえにこの二重構造問題に徹底的にメスを入れるべきだと思っています。

投稿: Rambler5439 | 2011年3月 8日 (火) 09時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東町商店街で | トップページ | 古い写真帳から(7) »