« 古い写真帳から(7) | トップページ | M9.0 »

2011年3月10日 (木)

古い写真帳から(8)

Imgp6721a_dxokk64393813 いくどとなくシャッターをきったにもかかわらず、まともな写真を撮れないでいるうちに、とうとう解体されてしまった同潤会三ノ輪アパート。せめてもと、SILKYPIX DSで再現像したものを、DxO FilmPackをつかって処理してみました(Kodachrome64/濃度39/コントラスト-38/彩度-13)。

|

« 古い写真帳から(7) | トップページ | M9.0 »

荒川区-2」カテゴリの記事

コメント

そうでしたか、自分も何度か挑戦しましたが
同様に決定打が出ない内に取り壊されてしま
いました、建物が撮られたくないというシグ
ナルを出してたのかな?
この反対側からのは撮ってませんか。

投稿: henronin | 2011年3月10日 (木) 11時19分

>遍路人さん
内部を撮っておきたくて、関係者が現れるのを門のところで待ちつづけたこともなんどかあったのですが、縁がなかったのだと思います。
反対側からも撮っていますが、ひどいものばかりです。いずれ現像やレタッチで自然な色合いのものにしたいと思っているのですが、現在の技量ではいかんともできないでいます。
東京大空襲の記事、拝見しました。おかず横丁の電柱のことは、まったく知りませんでした。次に立ち寄ったときにみて参ります。王さんの話も、心にしみました。ますます八広が好きになってしまいました。

投稿: Rambler5439 | 2011年3月10日 (木) 11時39分

寂しいですよね・・・取り壊し。
僕が以前アップした「研ぎ」の看板。
あの刃物屋さんも取り壊されてしまったのですが・・。
理由は何と不審火による全焼でした。
取り壊し後の敷地は驚くほど狭くて、ここで長年にわたり御商売をされていたのかと感慨深かったです。
当然そこにあると思っている建物がある日を境に消えて無くなると、何だか居心地が悪いのです。

お釈迦様に肩を叩かれちゃうかな?

投稿: とっぷくぷ | 2011年3月10日 (木) 12時50分

>とっぷくぷさん
新建材やアルミサッシをつかっている建物が嫌いなこともあって、これまで撮ったお気に入りの建物はかなりの比率で解体されています。古い建物を大切にしない社会は、いずれ建物の霊たちに復讐されるにちがいない。真面目にそんなことを思っています。というのも、新しい思想や文化は、歴史を宿している古い建物や街並からしか生まれてこないからなのです。
肩をたたかれるぐらいならまだいいほうで、僕なんぞは顔面に蹴りを入れられても文句が言えないような生き様でしたので、弱気にはけっしてならないようにしています。

投稿: Rambler5439 | 2011年3月10日 (木) 13時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 古い写真帳から(7) | トップページ | M9.0 »