« 路地の奥で | トップページ | 解体現場 »

2011年2月17日 (木)

古い写真帳から(1)

Imgp2189_dxonc87 内視鏡検査、拷問のようでした。「はい、お腹でおおきく息をしましょうね。がまん、がまん!! お産の痛みに較べたら、屁みたいなものなんですよー」というベテラン看護師さんの声が、いまも耳にこびりついています。検査結果は異常なしだったとはいえ、えらいダメージが残りましたorz。
アップした写真は、5年前に撮った九段下ビル。Portra 160NC。サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます。

|

« 路地の奥で | トップページ | 解体現場 »

千代田区」カテゴリの記事

コメント

懐かしいです あのビルは今どうなっているのかな?
工事が滞っているみたいだったけど?

投稿: henronin | 2011年2月17日 (木) 12時03分

>遍路人さん
九段下ビルはいまも健在のはずです。
これを撮った頃は、16-45mmのレンズを使用していたはずなのですが、なぜか全体を収めたものは1枚もないことに気づきました。九段下はよく通りますので、壊される前に撮っておくつもりです。
柳原-北千住シリーズ、楽しみに拝見しております。ぼくはようやく禁断症状から脱却できました。

投稿: Rambler5439 | 2011年2月17日 (木) 14時22分

こんばんは♪
お久しぶりでございます。
病院はいけませんよ、病院は!!
でもナースっていいもんですよね♪
ぼくは只今、「ゾンビ!!突風ブログ」を準備中であります。

投稿: とっぷくぷ | 2011年2月17日 (木) 22時26分

内視鏡って大腸がん検査ですか?
体の大きな男性が 大腸がん検査で ずっと痛くて辛くて叫び続けたと聞いてビビりました。

私は検査の度に 体調を崩します。
普通の検査でも・・・・・・。

投稿: 光代 | 2011年2月18日 (金) 01時02分

>光代さん
1月初めに血尿が出まして、血液検査や尿検査、X腺検査、超音波検査、CTスキャンなどを行なったのですが、原因が特定できなかつたため、膀胱の内視鏡検査とあいなりました。
あまりの痛さに叫び声をあげそうになったのですが、隣りのブースから悪性腫瘍が見つかった青年と医師とのやりとりが漏れ聞こえてきたため、素っ頓狂な喚き声をあげるのも不謹慎な気がしたので、ひたすら我慢しました。結局、腫瘍や結石はみあたらず、「たぶん腎臓に小さな結石があって、それが悪さをして出血に至ったものの、すぐに排出されたということなのでしょう。血液も詳しく調べましたが、がん細胞はまったく見あたりません」とのことでした。ただ、内視鏡検査のダメージは大きく、いまも鎮痛剤と抗生物質を服用しています。

投稿: Rambler5439 | 2011年2月18日 (金) 10時50分

>とっぷくぷさん
お久しぶりです。ようこそおいでくださいました。
この10数年間、オネエちゃん以外には見せたことのない部位を、50分もの間、看護婦さんたちに晒してしまいました。情けなかったっスo(T^T)o。
"ゾンビ!!突風ブログ"、楽しみです。URLは以前と同じですか。詳細が決まりましたら、ぜひご一報ください。

投稿: Rambler5439 | 2011年2月18日 (金) 11時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 路地の奥で | トップページ | 解体現場 »