« 白鳥の湖 | トップページ | 菅原荘 »

2011年2月27日 (日)

夕暮れ道で

Imgp6485_dxo6904780_2 昔からつづく個人商店が軒をつらねる大町駅前通り商店街で。かつては会津若松駅と市の中心部をつなぐ賑やかな通りでしたが、城下町としての街の構造と趣きを台無しにするかのように、繁華街を縦断する中央通りが開通してからというもの、寂れるいっぽうです。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

|

« 白鳥の湖 | トップページ | 菅原荘 »

会津」カテゴリの記事

コメント

ちょっといわき平駅周辺の情景にも似ていますね。
街の景観は例えば東京でも線路の北と南で微妙に違ったりしますが、きっと親受けの工務店が違うのではないかと推理しています。
福島県は福島風(?)の建て方があるのかも?
最近建った家は皆没個性ですけど・・。

投稿: とっぷくぷ | 2011年2月27日 (日) 11時15分

>とっぷくぷさん
会津といわき地方は文化的な共通性は皆無に近いので、おそらくは"衰退"あるいは"没落"が醸し出す何かが類似性を生み出しているのかもしれません。
ところで、1月に浦安を歩いた際に、古い民家の様式が生家のある海辺の町のものとあまりにも似通っているので驚きました。江戸初期から千葉の漁師さんたちが出稼ぎに来ていたという記録があるので、あるいはその影響かもしれません。

投稿: Rambler5439 | 2011年2月27日 (日) 14時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白鳥の湖 | トップページ | 菅原荘 »