« 再現像シリーズ #85 会津若松市 | トップページ | 再現像シリーズ #87 江東区北砂 »

2010年9月 5日 (日)

再現像シリーズ #86 会津若松市

Imgp3204 2009年3月14日、旧滝沢峠のふもとに位置する蚕養町で撮りました。シャッターをきるたびにレンズに付着した湿った雪を拭わなければならないような状況でしたが、防滴構造のボディのおかげで、さほど心配せずに撮影を続けることができました(レンズは防滴仕様ではありませんが、安価なキットレンズなので曇ったら買い替えればいいという意味で、"なんちゃって防滴レンズ"と呼んでいます)。
PENTAX K10D+smc PENTAX-DA 18-55mm F3.5-5.6AL II
(このシリーズでは、過去5年間に撮りためたものの中から100点を選んでご紹介しています。サムネイルをクリックすると、いつもより大きいサイズの拡大画像をご覧いただけます)

|

« 再現像シリーズ #85 会津若松市 | トップページ | 再現像シリーズ #87 江東区北砂 »

会津」カテゴリの記事

コメント

写真を通して、旅をしたみたい!
ここを明けてこの写真が目に飛び込んできた時、「おお!寒!!」と思いましたもの。
あの灯りの所に行けば 暖かいぞって。

朝からこんなに暑いのにね、写真の力ですね。

投稿: 光代 | 2010年9月 6日 (月) 06時18分

>光代さん
涼んでいただけたでしょうか。
2年前までは、熱中症や紫外線が怖くって街撮りができるかってんだ!! とタンカをきりつつ、真夏でも毎日のように6時間以上あるきまわったものでしたが、その後ひどいシミなどの後遺症に悩まされることとなりました。
はやく散歩を再開したいのと、アミタケという茸を採って食べさせてあげると入院中の母に約束したこともあり、秋を待ち焦がれています。

投稿: Rambler5439 | 2010年9月 6日 (月) 11時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 再現像シリーズ #85 会津若松市 | トップページ | 再現像シリーズ #87 江東区北砂 »