« 再現像シリーズ #50 荒川区南千住 | トップページ | 再現像シリーズ #51 千代田区三崎町 »

2010年7月15日 (木)

四谷の隠れ里ふたたび 新宿区三栄町

Imgp0520_2 昨日、四番町にある資料館まで出かけた帰りに、かつて"四谷の隠れ里"というタイトルの記事でご紹介したことのある路地で撮ったものです。一年ひと昔といった感のつよい東京都心部にあって、そのたたずまいは4年前とほとんど変わっていませんでした。ふと、もしかしたら由緒のある場所なのではないかという思いがよぎったので、通りかかったご婦人に路地の名前をうかがったのですが、「ここに住むようになって30年あまりになるけど、聞いたことないわねえ」とのことでした。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

|

« 再現像シリーズ #50 荒川区南千住 | トップページ | 再現像シリーズ #51 千代田区三崎町 »

新宿区-3」カテゴリの記事

コメント

おじいちゃんとお孫さん(?)の後ろ姿の対比がとっても素敵ですね。
後ろを向いてくれなくてさっさと行っちゃうおじいちゃんを追っかけているのかしら? 「さあおいで」とばかりに ちょこっと後ろに出されている手がね。
この子の一所懸命が可愛いなあ〜。
左の引っ掛けてある傘とか 立てかけてある自転車とか あちらのほうで杖をついていらっしゃる方とか、全てがリズミカルにハーモナイズしていますね。
それが 路地の良さなのですね。
そのあちらこちらに「人」が感じられるから 私達は路地に惹かれるんでしょうね。
やわらかい画面が それを上手く伝えてくれている気がします。

投稿: 光代 | 2010年7月16日 (金) 09時24分

>光代さん
最近は若いおじいさんもいれば歳をとったお父さんも珍しくないので、とりあえず「お父さん」と言うことにしています。(間違っても笑って許してもらえますので。これが逆だとけっこう微妙な空気になります(^^;)
この日は、やはり四谷の近くにある坂町という傾斜地に拓けた街をぶらついて時間をつぶし、日没直前にこの路地に入りました。ちょうどいい時間!と喜びながらシャッターをきったのですが、現像する段になって、明るさや色合いで悩まされてしまいました。アップした写真についても、すこし明る過ぎるのではとか、色温度が高すぎるかもしれないとか感じています。
とてもいい路地なので、次回は8月の日盛りどきに訪ねてみようと思っています。

投稿: Rambler5439 | 2010年7月16日 (金) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 再現像シリーズ #50 荒川区南千住 | トップページ | 再現像シリーズ #51 千代田区三崎町 »