« 私たちの望むものは 荒川区東日暮里 | トップページ | 国士きどり 荒川区東日暮里 »

2010年4月17日 (土)

竜の棲む街 荒川区荒川

Imgp3754 袋小路の突き当たりに鎮座するちいさな社は、三河島竜神を祀ったものです。今の住居表示からは消えてしまった"三河島"という地名の由来については、(1)徳川家康が江戸に入った際、三河国から従ってきた人が住み着いた、(2)長禄年間に太田道灌の友人、木戸三河守の邸があった 、(3)中川・古利根川・荒川の三つの川に囲まれた島状の中州だったためなどの諸説がありますが、現在は江戸期より前の史料である北条氏所領役帳に「三河ケ島」とあるため、(3)の説が有力視されているようです(東京新聞の"東京通"より)。竜神は水とつながりの深い神。この社の起源も、あるいは江戸期以前までさかのぼるのかもしれません。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

|

« 私たちの望むものは 荒川区東日暮里 | トップページ | 国士きどり 荒川区東日暮里 »

荒川区-2」カテゴリの記事

コメント

何だか懐かしい感じがします。

小さな頃育った谷町の路地の中のような感じです。

投稿: 光代 | 2010年4月17日 (土) 22時05分

こんにちは、はじめまして。
素敵な写真の数々、拝見させていただきました。
私も東京の片隅の散歩と写真撮影が趣味なので
被写体も写真の撮り方も見事にストライクです。
日没前後の青っぽい宵闇と暖色系の町の明かり。
私もこんな風に撮りたいなぁと思いました^^。

投稿: nejimakidori | 2010年4月18日 (日) 00時23分

>光代さん
ぼくが生まれ育ったちいさな町にも似たような路地がたくさんあって、海岸近くにたつ長屋住まいの同級生の家は、ちょうどこんなたたずまいでした。誰もが貧しさに喘いでいるような土地でしたが、貧富の格差があまりなかったせいでしょうか、さほど深刻そうな顔つきの人は見かけませんでした。

投稿: Rambler5439 | 2010年4月18日 (日) 08時00分

>nejimakidoriさん
過分のコメントに恐縮しております。
さっそく"Nejimakidori"にお邪魔してまりました。FA35mm F2でお撮りになったスナップ、見応えたっぷりですね。いまは標準ズームしか使っていませんが、いずれはK-x+DA18-55mmとK-7の後継機+単焦点レンズ(35mm/70mm/100mm)の2台体制で撮り歩きたいと思っています。
なお、ぼくが敬愛するmasaさんのブログ"Kai-Wai散策"、お薦めです。

投稿: Rambler5439 | 2010年4月18日 (日) 08時16分

Ramblerさん、私のブログにお越しいただきありがとうございました。
FA35mmはお気に入りなのでこれ1本でほぼ全てを撮っています。
貧乏なのでレンズが買えないというのもあります^^;
masaさんのブログ、見てきました。
ものすごく上手なのでびっくりしました。
Ramblerさんとmasaさんのブログ、これからもちょくちょく拝見させてもらいに
きますので、よろしくお願いします。

投稿: nejimakidori | 2010年4月18日 (日) 21時41分

>nejimakidoriさん
こちらこそよろしくお願いいたします。
この5年間、ひたすらmasaさんのような写真を撮りたいと励んできたのですが、まったく近づけずにいます(^^; 。

投稿: Rambler5439 | 2010年4月19日 (月) 19時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私たちの望むものは 荒川区東日暮里 | トップページ | 国士きどり 荒川区東日暮里 »