« 石像のある情景 渋谷区元代々木町 | トップページ | 角筈にて(2) 新宿区西新宿 »

2010年3月14日 (日)

あづま通り商店街で 杉並区高円寺北

Imgp2475_2 2月下旬、 あづま通り商店街のはずれで撮ったものです。突きあたりは早稲田通り。ここを左に折れ1時間ほど歩けば自宅です。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

|

« 石像のある情景 渋谷区元代々木町 | トップページ | 角筈にて(2) 新宿区西新宿 »

杉並区-3」カテゴリの記事

コメント

私が小学生時代を送った商店街に とても良く似ているので ビックリしました。大阪ですよ、もちろん!
この方の様に 生真面目にしっかり仕事をしているおじさんが居て 子供達を温かく見守ってくれたり しかってくれて、商店街は 買い物の場でもあり 生活の場でした。
ショッピングセンターなどと わざわざ 買い物をするだけの場所で買い物をするという事は、なにか 忘れ物をしているような感じがしています。
そして、それはとても重要な事だと思えるのです。
私は 写真という手段を仕えませんが、これからもブログでその「忘れ物」について 書き続けて行きたいと思っています。
大切な事を 思い出させていただきました!

投稿: 光代 | 2010年3月15日 (月) 01時12分

光代さん
かつては真面目に商売をしていれば、贅沢はできなくても所帯を持ち子供を育て上げることができました。今の個人商店は、生活保護基準以下ともいわれる最低賃金スレスレの給料で働くことを余儀なくされている非正規労働者を雇うことで安値を実現している大手スーパーやナショナルチェーンと競わなければならないので、大変です。シャッター通りを作り出しているのは、労働にかんする制度設計の歪みなのではないか、最近になってそう考えるようになりました。まずは最低賃金を大幅にアップし、いずれは同一労働同一賃金の原則を実現することが必要なのではないでしょうか。

投稿: Rambler5439 | 2010年3月15日 (月) 14時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 石像のある情景 渋谷区元代々木町 | トップページ | 角筈にて(2) 新宿区西新宿 »