« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月27日 (土)

むむっ、この子はもしや・・・ 渋谷区代官山町

Imgp3029 東急東横線代官山駅にほど近い一画で。 むむっ、この子はもしやあのお方の息子さんでは?とニンマリしつつシャッターをきったのでした(* ̄∇ ̄*)。
pnc写真倶楽部通信 も更新しました。ぜひお立ち寄りのほどを。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (6)

2010年3月25日 (木)

中川のほとりで(3) 足立区佐野

Imgp2820 小径のつきあたりに中川がよこたわっていることはわかりきっているにもかかわらず、なぜか故郷の浜辺につづいているかのような錯覚におちいってしまいました。水辺独特の気配が漂っていたせいかもしれません。
pnc写真倶楽部通信も更新しました。ぜひご覧ください。

| | コメント (0)

2010年3月24日 (水)

興真牛乳 足立区東和

Imgp2769 地下鉄千代田線北綾瀬駅から中川に向かう途中、東和3丁目の住宅街で。下町にすむ同世代の知人たちに訊くと、興真牛乳(現在はコーシン牛乳)は幼い頃からなじみの深いブランドなのだそうです。興真牛乳について調べるうちに、"漂流乳業"という素晴らしいサイトにたどりつきました。とくに"全国のローカル乳業"はお薦めです。ぜひご一読を。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2010年3月23日 (火)

紫色の看板(2) 杉並区高円寺南

Imgp2511 PAL商店街の裏通りで。書体や色合いからして飲み屋さんの看板だろうと近づいてみると、若い人たち向けの靴やバッグをあつかっているお店でした。気になったので検索してみたところ、どうやら"皆恋"というスナックを改装し、店名・看板をそのまま使っているようです。意表をついた発想に、おもわずニヤッとしてしまいました。

| | コメント (2)

2010年3月22日 (月)

紫色の看板(1) 杉並区高円寺北

Imgp2434 高円寺庚申通り商店街の路地で。この奥でよく猫を見かけたものでしたが、この日はただの一匹にも会えませんでした。
ここのところ東京を留守にする日が多くなっています。更新がペースダウンするかもしれませんが、よろしくお付き合いください。
pnc写真倶楽部通信も更新しました。ぜひお立ち寄りください。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (0)

2010年3月19日 (金)

高架脇の道で 目黒区上目黒

Imgp3531_2 中目黒から祐天寺にむかう途中、目黒銀座のはずれで。蛇崩(じゃくずれ)川と東急東横線に挟まれた一帯には、ぼくが目黒区民だった頃のたたずまいが、いたるところに残っていました。しっかり歩いておこうと思います。こちらは少し手前で撮ったものです。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (0)

2010年3月18日 (木)

スポットライト 渋谷区渋谷

Imgp3617 東急東横線の高架脇で。自動販売機の灯りに照らし出された人影が、まるでスポットライトを浴びているようで、おもわずシャッターをきりました。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2010年3月17日 (水)

行商の魚屋さん 目黒区祐天寺

Imgp35652 33年前、只見川沿いの田舎道で、行商の魚屋さんに遭遇したことがあります。2tトラックのボディーに故郷の漁港名が書かれているので訊ねたところ、実家近くの魚屋さんであることが判明、ずいぶん驚かされたものでした。まだ磐越自動車道などなかった時代のことですから、少なめに見積もっても片道4時間はかかっていたはずですが、その所要時間こそが"市場"をうみだしていたのでしよう。
アップした写真は、祐天寺みよし通り商店街でのひとこま。味のある演技で知られた益田喜頓さんを彷彿とさせる顔立ちのご主人に話をうかがったところ、もう30年ちかくこの場所で商売をなさっているとのこと。"うちは高いですが、品物はいいです"という気負いのない言葉を裏づけるように、つぎつぎに常連さんが顔を見せては、こまかく砕かれた氷のうえに並べられた鮮魚を買いもとめていくのでした。生活保護基準にもみたない犯罪的な低賃金に支えられた価格破壊ばかりが脚光を浴びる昨今、こういう"市場"がまだあることに、わずかに救いを感じた次第です。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (4)

2010年3月16日 (火)

角筈にて(2) 新宿区西新宿

Imgp3230 先日もご紹介した旧角筈(つのはず)3丁目の続編です。他の区に較べると古くからの地名が残っている新宿区ですが、この角筈や十二社(じゅうにそう)、淀橋、柏木といった由緒のある地名は、住居表示に"新宿"の二文字をつけたほうが不動産としての価値が高まると考えたわけでもないのでしょうけれども、昭和40年代の中頃、西新宿と北新宿に変更されてしまいました。
アップした写真は甲州街道を背にして撮ったもので、逆方向はこんな具合です。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (0)

2010年3月14日 (日)

あづま通り商店街で 杉並区高円寺北

Imgp2475_2 2月下旬、 あづま通り商店街のはずれで撮ったものです。突きあたりは早稲田通り。ここを左に折れ1時間ほど歩けば自宅です。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2010年3月13日 (土)

石像のある情景 渋谷区元代々木町

Imgp3395 暗渠化された宇田川をたどって狼谷をめざす途中、地蔵通り商店街の裏道で目にした情景です。こちらは逆方向から撮ったもの。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2010年3月12日 (金)

河骨川のほとりで(2) 渋谷区代々木

Imgp3148 岸田劉生の代表作のひとつである"道路と土手と塀(切通之写生)"に描かれた"切通しの坂"をくだって左に折れ、小田急線参宮橋駅に向かう途中で撮ったものです。かつて春の小川は、手前のほうの十字路を横断するように流れていました。

| | コメント (0)

2010年3月11日 (木)

河骨川のほとりで(1) 渋谷区代々木

Imgp3167 童謡"春の小川"のモデルとなった河骨(こうほね)川が流れていた小径のうえから、廃業した銭湯らしき建物の裏手を撮ったものです。かつてはこの路地も、れんげやすみれが咲きみだれる岸辺だったかもしれません。なお、河骨という川の名は、黄色の可憐な花を咲かせる”こうほね”という水草に由来するのだそうです。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (0)

2010年3月10日 (水)

角筈にて(1) 新宿区西新宿

Imgp3245 参宮橋まで出かけた帰り、再開発計画がすすむ旧角筈3丁目を歩いてきました。

| | コメント (2)

老いの咳 江東区大島

Imgp2065 古い友人からの電話で齢を重ねたことに気づいた途端、風邪をひきました。というわけで一句。
  淡雪の庭に降りつむ老いの咳
昨日、城東地域は期待に反して雨模様でした。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (0)

2010年3月 8日 (月)

線路脇の情景 渋谷区代官山町

Imgp2975 山手線の線路脇で。1枚目を撮ったあと、とっさに内蔵ストロボを発光させ反射材を光らせたまではよかったのですが、気合いが入りすぎてピントをはずしてしまいましたorz。そして3枚目。ライダーの邪魔になってはいけないので、ストロボは遠慮しました。なかなか思いどおりにはいかないものです。Imgp2976_2
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (0)

2010年3月 7日 (日)

中川のほとりで(2) 足立区六木

Imgp2837_2 佐野や六木の街では大規模な土地区画整理事業が進行中で、いたるところで廃屋や空き地を目にします。力不足ではありますが、消えてゆく街並をしっかり記録しておきたいと思っています。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (0)

中川のほとりで(1) 足立区佐野

Imgp2805 暇をみつけては中川沿いの曲がりくねった小径を歩いています。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (0)

2010年3月 5日 (金)

ガード下 渋谷区渋谷

Imgp2750 東急東横線・JR線のガード下で。ISO1250、f 5.6、EV-1.7、SS 1/50。

| | コメント (2)

2010年3月 4日 (木)

渋谷川のほとりで 渋谷区渋谷

Imgp2707_4 渋谷川の流れに寄りそうようにはしる東急東横線の高架脇で撮った一枚です。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (0)

2010年3月 3日 (水)

凍てかえり 渋谷区宇田川町

Imgp2664 駒場まで出かけたついでに渋谷へ。円山町や道玄坂のラブホテル街をうろつくうちに気温が急降下、かなり薄着をしていたので、宇田川町や渋谷川沿いのエリアをひと回りして渋谷駅にたどりつく頃には、凍死寸前でした。七十二候では草木萠動(そうもくめばえいずる)とはいえ、3月を舐めちゃいけませんね。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2010年3月 2日 (火)

夕暮れの小径で 江東区東砂

Imgp1318 街灯がともり、路地や家々の隙間から夜の闇が湧きだしてくる時間になると、東京の果てしない広さやそこで繰り広げられている無数の暮らしの密度に、きまって圧倒されそうになります。春までに江東区にあるすべての道を踏破しようという目論見、達成はかなりあやしくなってきました。アップした写真は東砂4丁目の夕景。この街にも、歩かなければならない小径がまだずいぶん残っています(画像1/画像2)。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2010年3月 1日 (月)

子供たち御用達 江東区潮見

Imgp2022 潮見の子供たち御用達、山本商店の店先でのスナップです。小学校の高学年から中学1年ぐらいの子供たちが、アーケードゲームで盛り上がっていました。こういうお店がいつまでも生き残れる社会であって欲しいものです。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »