« 東新宿散歩(3) 新宿区新宿 | トップページ | 東砂夕景 江東区東砂 »

2010年2月22日 (月)

GODZILLA IN JAIL 港区南青山

Imgp1434 青山通りに架かる歩道橋をわたりながら、なにげなく振り返った眼に飛びこんできた情景です。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

|

« 東新宿散歩(3) 新宿区新宿 | トップページ | 東砂夕景 江東区東砂 »

港区」カテゴリの記事

コメント

この場所を知らないので、一体どうなっているのか 不思議な感じです。
画像が色々な角度で多層に交差しているみたいで・・・・・。
文字がほとんど裏返っているのは ガラスへの映り込みなのですか?
それと 実際に窓を通して見えているものとの区別がつかないからなのでしょうか、不思議な感じです・・・・・。
外の世界を夢見るような松井さんの目もいいですね!

投稿: 光代 | 2010年2月23日 (火) 14時01分

>光代さん
お察しの通り、反対側の建物が映りこんだものです。まだ空に明るさが残っている時刻だったせいでしょうか、ガラス面がわずかに蒼みを帯びて、とても幻想的な雰囲気でした。
これまで巨人-ヤンキースと優等生コースを歩んできた松井選手にはほとんど興味がなかったのですが、守備にこだわって放出された途端、がぜん応援したくなりました。頑張って欲しいですね。

投稿: Rambler5439 | 2010年2月23日 (火) 15時30分

一時、この歩道橋を渡って小学校に通っていました。当時からひどく揺れましたが、いかがでしたか?
その後二丁目に歩道橋が出来て通学路が変りましたが、そちらはずっと揺れない歩道橋になっていました。
しかし、二丁目の歩道橋が先に撤去されてしまったのは皮肉でした。

投稿: 貧乏伯爵 | 2010年2月24日 (水) 22時34分

>貧乏伯爵さん
揺れには気づきませんでした。手ブレ補正機を使うようになってから、あまり揺れをきにしなくなったことと、これを撮った日はしびれるほど寒い日で、シャッターを押す瞬間以外はずっと身体を動かしていたせいかもしれません。
14歳から19歳までを"怒れる少年たち"の一人として過ごした僕にとって、青山通りはデモコースのイメージが強いです。駒場から道玄坂をくだって青山通りへ、さらに赤坂見附、霞ヶ関、銀座を経由して東京駅までというのが定番のルートでしたが、毎回「東京は都会だなあ」と圧倒されそうになったことを憶えています。

投稿: Rambler5439 | 2010年2月25日 (木) 09時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東新宿散歩(3) 新宿区新宿 | トップページ | 東砂夕景 江東区東砂 »