« 呻いて候 墨田区東向島 | トップページ | 谷中窓景 台東区谷中 »

2009年12月 3日 (木)

三輪氷室のある幸せ 豊島区南長崎

Imgp87581 目白通りとトキワ荘通りが分岐する交差点に面して建つ三輪氷室。名物は蜂蜜がたっぷり入ったたいやきです。帰路、山手通りで月を眺めながら食べましたが、さすが40年もの間つくり続けてきただけあって、美味でした。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

|

« 呻いて候 墨田区東向島 | トップページ | 谷中窓景 台東区谷中 »

豊島区」カテゴリの記事

コメント

氷室にたい焼き!
なぜ???
今日の写真はその上に スナックなのに「談話室 エリート」と言う看板や、真っ青なパンツをはいて携帯でお話をしている女性や やけに左端に小さく寄っている「クスリ」の看板と その下の疲れという文字に女性のポスター・・・・・。
なんだか 訳の分かんない不思議な感じの町なのですね。 


今日 大阪はほぼ満月でした。
東京は 三日月!!

投稿: 光代 | 2009年12月 4日 (金) 00時53分

光代さん
夏場はかき氷をやっているとのことでした。訊きそびれてしまいましたが、おそらく冷蔵庫の普及で氷の需要が減ったからではないでしょうか。
"エリート"、僕もかなり気になっています。他所の街ならとっくの昔に廃業を余儀なくされるような喫茶店が残っているところに、この街の魅力だと思います。昔は手塚治虫さんや赤塚不二夫さんなどが、編集者たちと利用していたかもしれませんね。
最後に交番前で電話をしている女の子ですが、何かの被害に遭ったようで、たいやきを買ったあと覗いたところ、被害届のようなものを書いているところでした。

投稿: Rambler5439 | 2009年12月 4日 (金) 11時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 呻いて候 墨田区東向島 | トップページ | 谷中窓景 台東区谷中 »