« 冬至の空の下で(3) | トップページ | 亀有市場 葛飾区亀有 »

2009年12月25日 (金)

イブの洲崎で 江東区東陽

Imgp0407_2 クリスマス・イブだというのに、旧洲崎地区の暗がりをうろついては、夜戦用に導入したカメラの高感度特性をチェックしておりました。アップした写真はISO2000で撮ったものです(撮影時、現像時ともノイズリダクション処理はしていません)。Pentax K-x、APS-C機最強という評判に違わぬモンスターでした。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

[追記]1枚目と3枚目を削除しました。

|

« 冬至の空の下で(3) | トップページ | 亀有市場 葛飾区亀有 »

江東区-3」カテゴリの記事

コメント

真ん中の写真が好きです。
「夜戦用」とおっしゃるからには 遅い時間なのですか?
そのようには思えませんね。
お昼間の諸々も活動も終わり、家に戻って 夕餉の香りが漂ってくる路地。
テレビの音声が聞こえているかもしれません。
そんなだったら良いな〜〜と言う希望も入っていますが・・・・。

投稿: 光代 | 2009年12月25日 (金) 22時16分

光代さん
撮影時刻はお察しの通りそんなに遅くではなく、17時ちょっと前です。ただ、2枚目の路地にはすでに真夜中と同じぐらい濃い闇が居座っていました。
この路地は数棟の古いアパートが残る一画にある、お気に入りの場所です。これまでも何度かチャレンジしたのですが、あまりに暗くて歯が立ちませんでした(三脚を立てられるような雰囲気ではありませんので)。いずれ人影の入った一枚をものにしたいと思っています。

投稿: Rambler5439 | 2009年12月26日 (土) 09時33分

お久しぶりです。元「不定記別館」のataruです。ブログを動かしていたマシンのディスククラッシュから結局復旧できないままで…。
Rambler5439さんもK-xにされたんですね。私も*istDSがいよいよ調子悪くなってきてやむなく買いましたが、これの高感度性能は撮り方や機材の選び方まで変わりますね。
ちゃらい見かけとは裏腹の小さな怪物です。

投稿: ataru | 2009年12月29日 (火) 19時30分

ataruさん
お久しぶりです。
K-7のレンズキットを買うつもりだったのですが、暗くなってから撮ることが多いのでK-xにしました。K-7の後継機が出るまではメインで使い続けるつもりでいます。
現在、自分の撮影スタイルに合ったセッティングを模索中ですが、通常はISO200またはISO400、日没後は200-1600AUTO、ISO1600からノイズリダクション(弱)でいこうと思っています。
ぜひ"不定記別館"の再開を。お待ちしています。

投稿: Rambler5439 | 2009年12月30日 (水) 10時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬至の空の下で(3) | トップページ | 亀有市場 葛飾区亀有 »