« 夕暮れの大吉市場 杉並区和泉 | トップページ | お父さんと一緒 江東区南砂 »

2009年9月22日 (火)

お気に入りの道で 港区海岸

Imgp2862 昨年の1月中旬、芝浦埠頭から五色橋にむかう途中で撮ったものです。堤防の外側には小さな桟橋があって、数艘の艀が係留されていました。この道沿いにはお気に入りの場所がたくさんあるのですが、昨年の初夏、ここの近くで女性アナウンサーが自殺するという出来事があってからというもの、なんとなく足が遠のいています。

|

« 夕暮れの大吉市場 杉並区和泉 | トップページ | お父さんと一緒 江東区南砂 »

港区」カテゴリの記事

コメント

これは格好いい写真ですねー♪
以前いろいろと仰ってた人がいますが、ランブラーさんの写真は後年その場に住んでいた人が見て、強烈な郷愁に絶句するような写真だと思っております。
写真常識的構図とか主題に寄るとかは、幾らでも量産出来るでしょうが、結局は皆同じようなものです。
家路を辿る人が見ているそのままの景色のような、貴方の写真が大好きです。

投稿: とっぷくぷ | 2009年9月22日 (火) 13時16分

とっぷくぷさん
過分のコメント、ありがとうございます。
東京にはもっと明るく賑やかで"ファッショナブル"という修飾語が似合う場所はたくさんありますが、そういうところはメディアが記録してくれますので、あまり近づかないようにしています(へたに近づいたりすると、すぐに職務質問に遭っちゃいますし・・・)。ひたすら記録すること。素人写真のコンセプトはそこにあるのだと信じて、こつこつ撮り続けたいと思います。

投稿: Rambler5439 | 2009年9月22日 (火) 15時05分

人は どうして写真を撮りたいと思うのでしょう?
この写真は なぜか懐かしい感じが有って、それが何なのか分からないまま、何処か このような所に行って 写真を撮りたくなりました。

Ramblerさんのようにキチンと撮ろうとする訳でもないし、残そうと思うほどでもないのに・・・・・。

心の奥に 何か刻みたくなるのでしょうか?
何かの証かしら?

投稿: 光代 | 2009年9月22日 (火) 22時49分

光代さん
秋になると、尾瀬の近くにある平が岳という山の頂上部にある湿地(池塘-ちとう-と言います)を撮りに行きたいと思うのですが、まだ果たせずにいます。かつては山道を1日半ほど歩かなければならなかったのですが、いまは半日でアクセスできる登山道ができたらしいので、50代のうちに必ずや登るつもりではいるのですが・・・。

投稿: Rambler5439 | 2009年9月23日 (水) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夕暮れの大吉市場 杉並区和泉 | トップページ | お父さんと一緒 江東区南砂 »