« 馴染み客 荒川区南千住 | トップページ | もうすぐです 足立区宮城 »

2009年7月22日 (水)

ワンパターン 荒川区東尾久

Imgp5946 肖像権は尊重しなければならないし、かといって人間が写っていないスナップは詰まらない。というわけで、どうしても顔が隠れるアングルから撮ることが多くなってしまいます。
pnc写真倶楽部通信も更新いたしました。ぜひご覧ください。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

|

« 馴染み客 荒川区南千住 | トップページ | もうすぐです 足立区宮城 »

荒川区-2」カテゴリの記事

コメント

私は後々 自分が思い出すための興味だけで たまあに写真を撮っているだけなので、そう言えば 人さんが写っている写真ってとらないなあ〜〜〜〜と思いました。

人が写っていると 気になることが余りにも多くなって いつシャッターを切ったら良いのか分かんなくなるんです。
たくさん撮ると どれを捨てたら良いか分かんなくなるし・・・・・。

でも、確かに 町の様子が違って見えますものね〜。

投稿: 光代 | 2009年7月22日 (水) 14時49分

光代さん
今年の3月、いつものように路地裏の情景を撮ろうとカメラを構えていたら、春風に舞ったタブロイド紙がファインダーの中に飛び込んできました。そのとき、スナップにはどんな些細なことでもいいから"出来事"が必要なのではないかと思ったのです。その時から、できるだけ人が入った写真を撮るようにしています。ただ、肖像権や盗撮の問題もありますので、けっこう気を遣います。また、気に入っている写真でも、顔がくっきり写っているためにブログにはアップできないものも少なくありません。難しい世の中ですね。

投稿: Rambler5439 | 2009年7月22日 (水) 15時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 馴染み客 荒川区南千住 | トップページ | もうすぐです 足立区宮城 »