« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月28日 (火)

リヤカーのある風景 台東区浅草橋

Imgp6946 浜町堀跡の路地を歩いたあと、JR総武線浅草橋駅に向かう途中で撮ったものです。上野や御徒町、秋葉原、浅草、浅草橋などの街では、ダンボールを積んだリヤカーをよく目にします。新宿や渋谷、池袋などの繁華街では目撃した記憶がないので、小売や問屋さんのお店が多いということとは別の理由があるのかもしれません。この日は隅田川の花火大会があったのですが、見物客がゆきかう高架沿いの小路では、ダンボールを満載したリヤカーのかたわらで横になっている人も見かけました。
pnc写真倶楽部通信も更新いたしました。ぜひご覧ください。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (6)

2009年7月27日 (月)

浜町堀跡をゆく(2) 中央区日本橋富沢町

Imgp6889_2 浜町堀が埋め立てられた跡には、当初テキ屋さんたちが店を構えたらしいのですが、一箇所とどまって商売するのはどうやら苦手だったようで、次第に小さな商店や飲食店が建ち並ぶようになったのだとか。アップした写真は、昨日ご紹介した場所から南東に500mほどのところにある、闇市の面影をのこす一画で撮ったものです。路地のむこうに南アジア出身とおぼしき二人連れがたたずんでいたこともあって、つかの間、モンスーンアジアの市場に迷い込んだかのような錯覚に陥りました。こちらは反対側から見た小路の様子です(画像)。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (0)

2009年7月26日 (日)

浜町堀跡をゆく(1) 千代田区東神田

Imgp6909_4Imgp6863 ようやく盛夏らしい青空がひろがった昨日、久しぶりに葛飾でも歩いてみるかと勇んで家を出たまではよかったのですが、あまりにも強烈な陽射しに急きょ行く先を変更、日陰のつづく浜町堀の跡をたどってきました。かつて浜町堀は岩本町や横山町といった問屋街と隅田川を結ぶ堂々たる運河でしたが、関東大震災を契機に埋立てがはじまり、戦後まもなく完全に姿を消しました。堀跡の路地沿いにはバラック造の市場がつくられ、いまも所々にその名残を見ることができますが、問屋街の衰退とともに、こちらも姿を消しつつあります。
アップした写真は、岩本町と東神田の境界にある飲食店街で撮ったものです。長く街の世話役をなさっているという和氣さんにお話をうかがったところ、マンション建設計画が進行しており、もうどのお店も営業していないとのことでした。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (4)

2009年7月24日 (金)

踏切で 荒川区荒川

Imgp6426 都電荒川線の荒川区役所停留所(この画像を見る)付近で撮ったものです。常磐線の踏切のすぐそばで生まれ育ったからなのでしょう、踏切を見かけると反射的にシャッターをきってしまいます。ところで、路面電車はとても好きなのですが、現在の都電の塗色はどうも好きになれません。近年、バスや電車のデザインクオリティが低下しているように感しているのは、僕だけでしょうか。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (8)

2009年7月23日 (木)

もうすぐです 足立区宮城

Imgp6718d 「ちょっと、いつまで待たせんのよー」
「いま向かってますんで、もうすぐです」
写っている二人のそんなやりとりを空想ながら現像した一枚。宮城の商店街も小台と同様、かなり衰退しているようでした。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (0)

2009年7月22日 (水)

ワンパターン 荒川区東尾久

Imgp5946 肖像権は尊重しなければならないし、かといって人間が写っていないスナップは詰まらない。というわけで、どうしても顔が隠れるアングルから撮ることが多くなってしまいます。
pnc写真倶楽部通信も更新いたしました。ぜひご覧ください。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2009年7月21日 (火)

馴染み客 荒川区南千住

Imgp6383_3 大規模なスーパーマーケットは安いだろうし、コンビニエンスストアは便利かもしれません。しかし、匿名の客と匿名の店員が、モノと貨幣を交換するだけの市場しかないような街には住みたくありません。

| | コメント (0)

2009年7月19日 (日)

キューポラのある街角 足立区宮城

Imgp6723_2 1年半ぶりに訪ねた小台の街。黄昏時に撮りたいと思いつづけていた寝具店の姿はすでになく、跡地に夏草が生い茂っていました。アップした写真は、落胆をかかえながら王子駅にむかう途中で撮ったものです。このキューポラも現役ではないので、もうじきなく消えてしまうのかもしれません。
pnc写真倶楽部通信も連日更新中。ぜひご覧ください。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (0)

2009年7月18日 (土)

郵便屋さん 荒川区南千住

Imgp63712 シグマ18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSMの望遠端で撮ったものです。日中はこのレンズで中望遠域レンジをつかった写真を撮り、日没時刻が迫ってきたらDA18-55mmF3.5-5.6AL IIにつけ替えようかと思っています。
pnc写真倶楽部通信も更新しました。是非ご覧ください。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2009年7月17日 (金)

三角屋のある街角

Imgp49272 Imgp4946 義母の四十九日で帰省した折に、DA18-55mmF3.5-5.6AL IIで撮りました。黄昏時のスナップは手ブレとの戦いといっても過言ではありません。ほとんど絞りこまなくても周辺部まで解像してくれるこのレンズは、とても重宝しています(絞りの設定が難し過ぎて、大口径ズームを使いこなせなかったこともあるんですけどね^_^;)。また、ボディーの高画素化にあわせてキットレンズをつくり直してきたPENTAX設計陣の心意気も嬉しいです。
なお、この"三角屋"という店名は、三方を道路に囲まれた敷地の形状に由来するようです。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2009年7月16日 (木)

朝潮橋から 中央区月島

Imgp65482 先日ご紹介したこの場所を、上流に架かる朝潮橋から撮ったものです。使用したレンズはシグマの18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM。135判換算で28-188mmの画角をカバーしてくれる高倍率ズームはさすがに便利です。ただ、開放から安心して使えるペンタックスのキットレンズ DA18-55mmF3.5-5.6AL IIも捨てがたいので、しばらくは2本体制で出撃したいと思っています。こちらは2007年の暮れに同じ場所から撮った夕景。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (4)

2009年7月15日 (水)

新天体発見 北区豊島

Imgp6739 Imgp6742_2Imgp6772 かつて作家の 開高健さんは、新たな美味と出会いを新しい天体を発見した歓びになぞらえましたが、初めて歩く街で懐かしいたたずまいを残した商店街に出くわしたときの心の昂ぶりも、半端なものではありません。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (0)

2009年7月14日 (火)

王子の街で 北区王子

Imgp6684この街にあって、どうして"プリンス"ではなく"キング"なのか、命名の経緯が気になっています。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (0)

2009年7月11日 (土)

八百屋さん 墨田区墨田

Imgp6289 東武伊勢崎線の鐘ケ淵駅から堀切駅に向かう途中で撮ったものです。この街で二代にわたり総菜店を営んできた"花家"のご主人によれば、墨田五丁目の商店は、駅周辺の一画を除き、そう遠くない時期になくなってしまうだろうとのこと。理由は高齢化。家族を養っていくだけの売上がないので、跡を継ぐ人がいないのだそうです。人形町にあった料亭で修業した先代が、そこの暖簾をわけてもらい開いたという"花家"さんについては、また別の機会にご紹介したいと思います。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (0)

2009年7月 9日 (木)

私的"下町の原風景" 荒川区荒川

Imgp6222 仲町通り商店街と常磐線に挟まれた通りの夕景です。町工場、作業場、銭湯、商店、飲食店、そしてアパートや民家などが軒をつらねる道をすすんでいくと、やがてハングルまじりの看板を掲げる商店や料理屋が密集する一画をへて、尾竹橋通りに突き当たります。下町の原風景は、たぶんこんな風だったのではないか。この道を歩くたびに、そんなことを考えます。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (0)

2009年7月 8日 (水)

かあちゃん 荒川区南千住

Imgp6389 母娘らしい二人連れとすれ違いざま、「かあちゃん」という声が耳に届きました。その懐かしい響きが嬉しくて、反射的にシャッターをきってしまいました。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (0)

2009年7月 7日 (火)

夕暮れの朝潮運河 中央区晴海

Imgp6539 朝潮運河沿いの草むらで、薮蚊の猛襲に耐えつつ撮った日没間近の情景です。対岸は月島2丁目。川岸から突き出たこの建物(画像)は、建設会社のもののようです。この日は夕暮れになっても朧気が去ってくれず、がっくり肩を落としながら家路をたどりました。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (6)

2009年7月 6日 (月)

ぽんぽん大将 中央区月島

Imgp6508 朝潮運河に架かる晴月橋から撮った1枚です。この情景を眺めているうちに、「今日も通るよあの橋の下 ぽんぽんぽん ぽんぽんぽん」というフレーズが脳裏に浮かんできました。ポンポン船(焼玉エンジンを動力とする艀などの小型船)の船長が3人の浮浪児をひきとり、船上で一緒に暮らす姿を描いた"ぽんぽん大将"という、1960年代の初めに放映されたテレビドラマの主題歌の一節です。テレビドラマがつくられたことからも分かるように、かつて東京には数多くの水上生活者がいました。ここ月島や勝どき、佃あたりは、その水上生活を送る人たちの船で賑わったといいます。それから半世紀、洗濯物をひるがえす艀にかわって、超高層マンションの影が水面に揺れていました(この画像を見る)。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2009年7月 5日 (日)

市場の午後 中央区築地

Imgp6485_2 水産埠頭のある豊海町に向かう途中、築地の場外市場で撮った1枚です。お寿司屋さんが軒を連ね殷賑をきわめる一画とは対照的に、波除神社前の通りには、かすかに潮の香りをはらんだ長閑な空気が漂っているのでした。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2009年7月 4日 (土)

荒川二丁目で 荒川区南千住

Imgp6440 富士見湯の跡地を訪ねた帰りに撮ったものです。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »