« 夕暮れの仲通りで 荒川区南千住 | トップページ | 家路 荒川区南千住 »

2009年6月21日 (日)

街のちいさな靴屋さん 台東区今戸

Imgp6178_2 1/10,000の地形図を手に、まだ踏破していない道をたどっていると、開け放たれた窓に小さな看板をさげている工房を見かけました(画像)。その窓辺で撮らせていただいたのが、この1枚です。靴職人になられて40年余りというご主人の腕のほどは、ウェブサイトをご覧いただければお分かりいただけるはずです。"東京5000マイル"にひと区切りついた暁には、自分へのご褒美にシンプルな黒のオクスフォード・シューズをつくってもらおうと思っています。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

|

« 夕暮れの仲通りで 荒川区南千住 | トップページ | 家路 荒川区南千住 »

台東区-2」カテゴリの記事

コメント

すんごいもの 見つけられたんですね!
ちょっと靴屋さんとは 分かりにくいくらいの店先ですが、「本物」が漂っていますね。
「東京5000マイル」と言う写真集をお出しになるんですか?
5000マイル 歩かれるんですか?
ひゃ〜〜〜、すご〜〜〜い!

投稿: 光代 | 2009年6月21日 (日) 08時40分

光代さん
「靴の形をしていれば売れる時代もあったけど、そういう仕事はしてこなかった」と話されていました。また、「靴は足を守るもの」と仰ってましたが、意匠的にも優れていると感じました。
"東京5000マイル"は、ひたすら5000マイルを歩こうという企てて、出版などの予定は一切ありません。出しても売れそうにありませんし(^○^)/ 。

投稿: Rambler5439 | 2009年6月21日 (日) 11時41分

こんばんは。
今戸神社から浅草に向かう途中で私も見かけました!
ただ恥ずかしくて正面から写真を撮らなかったのが悔やまれます。
道に面した昔ながらの看板が印象的でした。
その日は今戸神社の招き猫が欲しかったのですが買えずじまい。
かなりの売れ行きで入荷がいつになるか分からないそうです。
(東京メトロの中吊りで紹介されているのです。)

投稿: korotyan | 2009年6月23日 (火) 00時34分

korotyanさん
まだ午後も早い時間帯だったので、白トビを避けるために近い距離から撮ってしまいましたが、もう少し周囲の様子が分かるアングルにすればよかったと、やや後悔しています。この近辺にはまだ歩いていない道が残っているので、いずれ撮り直すつもりです。東京、歩くたびにその奥深さに圧倒されます。

投稿: Rambler5439 | 2009年6月23日 (火) 10時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夕暮れの仲通りで 荒川区南千住 | トップページ | 家路 荒川区南千住 »