« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月30日 (土)

理想の住まい

Imgp2590 二階家の真ん中をつらぬく通路の奥に、別の家の玄関が顔をのぞかせていました。こういう建物の通路に面した1階部分に、広い三和土のある玄関と囲炉裏のある居間を、通路の挟んだ反対側には近所の子供たちのための図書室と自習室をもうけ、いつも誰彼となく来客がある暮らしをおくるというのも悪くないかもしれません。
ところで、このお宅のある通りには、こういった建物(画像1/画像2/画像3 )が建ち並んでいて、まるで昭和を瞬間冷凍したかのような趣がありました。

Imgp2592_2(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (4)

2009年5月29日 (金)

Paradise Lost 新宿区西早稲田

Imgp2756 かつて人間は知恵の実をたべて楽園を追われましたが、近頃は人間が知恵を求めなくなったせいで、楽園そのものが滅びつつあるようです。古本屋めぐりの後、喫茶店に入ってコーヒーと古書の香りを愉しむ。けっこう素敵だと思うんですけどねー。
一方、荻窪にあるこちらの楽園は健在でした。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (4)

2009年5月28日 (木)

そぞろ歩き 杉並区阿佐谷北

Imgp3761 商店街のはずれに居をかまえ、気が向いたらサンダル履きで近所の書店や古本屋さんを冷やかし歩く。帰りにはちいさな食堂に立ち寄り、店のオバちゃんの「あいかわらずワンパターンだねえ。たまには他のものも食べてごらんよ」という言葉に気弱な笑顔で応えつつ、それでも頑なに肉豆腐定食を注文する。食堂からアパートにつづく小径沿いには居酒屋もあって、前を通るたびに「近いうちに暖簾をくぐってみよう」と考えるのだけれども、実際に足を運ぶのはそのはす向かいにある甘味処。糖尿病の影におびえつつ、ガラスの小鉢に盛られたあんみつを黙々と口にはこぶ。そして〆には、住んでいるアパートの二軒隣りにある銭湯で、湯あがりのフルーツ牛乳を愉しむ・・・そんな暮らしへの憧れを募らせているこの頃です。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (4)

2009年5月27日 (水)

よりみち 北区東十条

Imgp5196_2 神谷銀座からの帰りに撮りました。こうゆうお店でモツの煮込みなんかを肴に冷や酒を呑んでいる自分を想像するだけでも、幸せな気分になってきます。なお、店名より大きく描かれている"君萬代(きみばんだい)"は、茨城県取手市の田中商店という醸造元がつくっている清酒のようです。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (8)

2009年5月26日 (火)

坂の途中で 新宿区赤城元町

Imgp2808_3 神楽坂から神田川方面に向かう途中、赤城坂のなかほどで撮りました。華道家のアトリエなのでしょうか。通りかかるたびに気になってしかたがないのですが、いつも慌ただしい気配が漂っているので、訊きそびれてしまいます。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2009年5月25日 (月)

フィールドカメラ

0071_2 今年の冬は、奥会津の集落 を撮り歩くつもりでいます。カメラは耐寒性能を考慮して銀塩を予定していたのですが、ペンタックスのK-7が零下10度まで保証していることを知り、メインはデジカメに決めました。
アップした写真は、30年ほど前、氷壁登攀のトレーニング中にOM-2で撮ったものです。写っているのはザイルパートナーだったY君。「写真なんか撮ってないで、ちゃんと確保してくれよお」とか文句をたれている場面です。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2009年5月24日 (日)

勘違い 杉並区高円寺北

Imgp3971 中央線の高架下を高円寺駅から阿佐ヶ谷駅方面に向かう途中、昔ながらのモルタル造アパートが何棟も残っている一画で撮った1枚です。ちょうど夕刊が配達される時刻だったので、てっきり夕刊を開きかけているのだとばかり思ってシャッターをきったのですが、現像してみたらゴミ袋をひろげようとしているところでした(^_^;) 。オッチョコチョイな性格は、なかなか治らないもんですね。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2009年5月23日 (土)

浮き桟橋 足立区鹿浜

Imgp5845 ここのところ慌ただしく過ごしています。出撃できないので落ち穂拾い的な写真がつづきますが、よろしくお付き合いください・・・と言い訳しながらアップするのは、2週間前に芝川のほとりを歩いた帰り、荒川の岸辺で撮った一枚です。向こう岸は足立区新田ですが、右上に移っているマンションのすぐ背後を隅田川が流れており、その対岸は日本化薬の工場が点在する北区志茂となります。ほんの少し下流(画面左側)にカメラを振ると、こんなふうに 先日ご紹介した北区清掃工場の煙突をのぞむことができます。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2009年5月22日 (金)

小美濃米店 武蔵野市吉祥寺東町

Imgp4742 東京女子大近くの天徳湯という銭湯の裏手にあるお米屋さんです。免許を取りなおすときにお世話になった、今はなき武蔵野自動車学校の路上教習コースがこの一方通行路を通っていましたので、とても懐かしく感じました。この辻を右折すると、かつて三鷹市や武蔵野市あたりでよく見かけた松の高木があったりします。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (4)

2009年5月21日 (木)

祝・K-7発表 渋谷区本町

Imgp4812 ペンタックスから渾身の力作K-7が発表されました。アップした写真のように、黄昏時にピントをはずすことが激減するのではと期待しています。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (4)

2009年5月20日 (水)

田舎は下町みたいだ

Imgp4958 六文銭でボーカルだった及川恒平さんが40年ほど前に作詞した"流星花火"という曲に、「下町は田舎みたいだ」という一節があるのですが、逆もまた真なり、田舎は下町みたいなのでした。東北地方出身者は、下町のある東京東部エリアに住みつく傾向がありますので、そんなことが多少は影響しているのかなあ、などと考えたりもします。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2009年5月18日 (月)

Bus Stop 荒川区荒川

Imgp5995 町屋駅近くでのスナップです。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (4)

2009年5月17日 (日)

黄昏の小径で 荒川区荒川

Imgp6002 東日暮里や西尾久あたりを除くと、荒川区内は曲がりくねった小径だらけ。それが温かみのある街をつくりだしているように感じます。もともと道路は交通のためだけのものではなく、遊び場や市場、コミュニケーションの場など様々な機能を備えていました。都市計画に携わる人たちには、人々が豊かに暮らすためにはどんな街路が必要なのかを再検討するために、ぜひ荒川区や墨田区北部の街を歩いてもらいたいと思うのです。
アップした写真は、ちょうど日没の時刻に撮ったものです。この先にはこんな光景が続いていました(画像1/画像2)。そしてこちら(画像3)は、反対方向の様子です。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2009年5月16日 (土)

ひさしぶり 荒川区東尾久

Imgp5948 都心で用事をすませたあと、ひさしぶりに荒川区へ。こんな写真を撮り歩いていたせいでしょうか、これまた久々に職務質問を受けたのですが、徹夜明けで疲れてたこともあり、穏やかに応じてきました。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2009年5月14日 (木)

テーラー 北区神谷

Imgp5876川口からの帰路、 隅田川に架かる新神谷橋をわたり終え、階段で環七の高架下におりたところ、この情景が眼にとびこんできたのでした。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2009年5月13日 (水)

立ち話 台東区浅草橋

Imgp3387 路地と呼んでもおかしくないような脇道を抜けて、小さな卸問屋やしもたやが軒を連ねる通りにでたところで撮ったものです。近所ではこんな情景も目にしました。幼い頃、父に連れられて歩いた地方都市(といっても、田舎育ちのぼくにとっては大都会でした)の問屋街の光景が甦り、しばしの間もの思いに耽ってしまいました。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2009年5月12日 (火)

芝川が流れる街で(4) 埼玉県川口市領家

Imgp5808 榎木橋から新芝川との合流点に向かって堤防沿いの踏み跡をたどる途中で撮った、川口市領家衛生センターのプラントです。桜の枝葉が写りこむのを避けるため、堤防の斜面をすこしくだってシャッターを切ったまではよかったのですが、直後に足を滑らせ転倒、哀れパンツとジャケットはクリーニング店行きとなったのでしたorz。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2009年5月11日 (月)

芝川が流れる街で(3) 足立区鹿浜

Imgp5859v 新芝川をあわせた芝川と荒川との合流点付近から見た、川口市の領家、元郷方面の夕景です。ここ10数年の間に、工場跡地に次々と高層マンションがつくられ、街のシルエットは一変しました。こちらは、環七をたどって地下鉄南北線の赤羽神谷駅に向かう途中、鹿浜橋から撮ったものです。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (4)

2009年5月10日 (日)

芝川が流れる街で(2) 埼玉県川口市領家

Imgp5785週末の工場街は人影もなく、誰かが通りかかるのを待っていた日には、時間がいくらあっても足りなくなってしまいます。ところが、期待せずにファインダーを覗いている時に限って、こんな具合に嬉しい闖入者が現れるから不思議です。
pnc写真倶楽部通信も更新しています。ぜひご覧ください。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (4)

芝川が流れる街で(1) 埼玉県川口市領家

Imgp5796 Imgp5802 映画"キューポラのある街"の舞台となった芝川沿いの工場街を、20年ぶりに歩いてきました。ほとんどの鋳物工場はマンションや物流施設に姿を変えてしまいましたが、今もそこかしこに往時をしのばせる情景が残っていました。地下鉄丸ノ内線と南北線を利用すると自宅から1時間弱で行けることが分かったので、これからはちょくちょく足をのばすつもりでいます。まずは榎木橋付近の情景から。2枚目に写っている水面が芝川です。
pnc写真倶楽部通信も更新しています。ぜひご覧ください。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2009年5月 9日 (土)

人生いろいろ 新宿区百人町

Imgp2729 今日から更新を再開いたします。ここのところ出撃していませんので、落ち穂拾い的なものが多くなりますが、ひらにご容赦を。アップした写真は2ヶ月ほど前、大久保通りで撮ったものです。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2009年5月 5日 (火)

一番街スケッチ(4) 北区赤羽

Imgp5339 赤羽一番街の裏通りで撮ったものです。この奥には、こんなお肉屋さんもありました。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

[お知らせ]
タイマー投稿は本日で終了です。

| | コメント (4)

2009年5月 4日 (月)

一番街スケッチ(3) 北区赤羽

Imgp5375 昨日と同じく、メインストリートの情景です。とにかく北風が強い日でした。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2009年5月 3日 (日)

一番街スケッチ(2) 北区赤羽

Imgp5373 タイマー投稿の第2弾は、一番街のメインストリートで撮った1枚です。信用金庫か信用組合の人でしょうか、商店街の人たちに笑顔で挨拶しながら走り抜けていきました。いざというときに頼りになるのは、日掛けを集めにきてくれるような地域の金融機関だと信じています。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2009年5月 2日 (土)

一番街スケッチ(1) 北区赤羽

Imgp5367 赤羽一番街のアーケード"シルクロード"入口で撮った1枚です。中華料理用の水産物を扱うお店で、冷蔵ケースを覗いている若いカップルは、かなり早口の中国語で相談していました。通路を挟んだ一画には在留中国人向けの雑貨などを売る店もあり、その店頭にはこんなポスターが貼られていました(彼女が唄った"愛人"という曲には、ちょっとした思い出があったりします^_^;)。

| | コメント (2)

2009年5月 1日 (金)

隅田川のほとりで(3) 北区志茂

Imgp5543日本化薬の工場街から地下鉄南北線志茂駅に向かって歩いていると、南の空に、関東大震災で倒壊した凌雲閣を彷彿とさせるシルエットが浮かんでいました。北区清掃工場の煙突です。なぜ望遠レンズを持ってこなかったのかorz。地団駄を踏みながらシャッターをきりました。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

[お知らせ]
5日ほど東京を留守にいたします。タイマー投稿となりますので、コメントへの返事が遅れます。ご了承ください。

| | コメント (10)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »