« 隅田川のほとりで(1) 北区志茂 | トップページ | 隅田川のほとりで(3) 北区志茂 »

2009年4月30日 (木)

隅田川のほとりで(2) 北区志茂

Imgp5265 日本化薬工場沿いの小径で、小さなマシンショップにでくわしました。おもに日本化薬からの仕事をしてきたとのことでしたが、もうじき工場が鹿島に集約され、跡地は研究所になると話されていました。アップした写真は、ボール盤で厚さ15mmほどのステンレス鋼板を切削しているところを撮ったものです。加工直後のドリルや切り子に触らせていただきましたが、「下手すると火傷する」ぐらい熱いのには驚かされました。画面の右端に写っているのは、現在修理中のジャイロプレーンです。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

|

« 隅田川のほとりで(1) 北区志茂 | トップページ | 隅田川のほとりで(3) 北区志茂 »

北区」カテゴリの記事

コメント

おはようございます♪
ワタクシ、ボール盤の経験ありますぞ♪
一日働いて目をつぶると、目の前で切り子が青く光りつつ回転する残像が・・・
お、怖ろしい!!

投稿: | 2009年4月30日 (木) 10時30分

あ〜〜、ビックリしました!
うちの会社かと思いました。
それくらい 雰囲気が似ています。

私達も 毎日喘いでいます・・・・・。

投稿: 光代 | 2009年4月30日 (木) 22時26分

とっぷくぷさん
工作機械については詳しいのですが、恥ずかしながら殆どが書物と博物館で仕入れた知識ばかりで、実際に作業しているところはあまり見たことがありません。ステンレス鋼板は硬いので50回転/分ほどのスピードでしたが、それでも潤滑油が燃える煙がたち昇っていました。回転数が速くなれば当然切り子も輝くのでしょうね。撮ってみたいっス。

投稿: Rambler5439 | 2009年5月 1日 (金) 14時49分

光代さん
生まれ変わることがあったら、空疎な観念を切り売りするような仕事ではなく、ものをつくるまっとうな仕事につきたいと思っています。
数ヶ月前、アメリカの歴史学者たちが書いた"歴史としての戦後日本"という本を読んだのですが、日本の社会の二重構造、とくにものづくりの本当の第一線である中小・中堅企業やそこで働く人たちがないがしろにされていることが、いかに社会全体を歪んだものにしているか、再認識しました。そのうち自分なりにも、論点を再整理したいと考えています。

投稿: Rambler5439 | 2009年5月 1日 (金) 15時01分

Rambler5439さま
お書きになっている本をアマゾンで検索しました。日頃 文字を読まないのですが、読んでみたくなったのです。

でも、上下二冊もあって しかも かなり難しそうなので断念。
Rambler5439様が 「論点を再整理」して下さるのを待つ事に致します。

投稿: 光代 | 2009年5月 1日 (金) 19時10分

光代さん
責任重大ですね。どうか気長にお待ちくださいますように(^○^)/ 。

投稿: Rambler5439 | 2009年5月 1日 (金) 19時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 隅田川のほとりで(1) 北区志茂 | トップページ | 隅田川のほとりで(3) 北区志茂 »