« ソメイヨシノが咲いた日に(3) 中野区中央 | トップページ | 黄昏の淡雪(4) »

2009年3月25日 (水)

ふきのとう 台東区浅草橋

Imgp3266 総武線浅草橋駅の高架脇で撮った、週末と祝日以外はお店を開いているという行商の八百屋さんです。ふきのとうが並んでいたので、「あと何回春を迎えられるかなあ」などと感慨にふけりながら眺めていたら、写真に写っている近所にお住まいだというおばあちゃんから「細かく刻んで味噌で炒めたら、酒のおつまみにはもってこいよ」と勧められ、ついつい買い込んでしまいました。帰路、バッグを開けるたびに春の香りが漂ってきて、久々にのんびりとした幸福感を味わいました。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

|

« ソメイヨシノが咲いた日に(3) 中野区中央 | トップページ | 黄昏の淡雪(4) »

台東区-2」カテゴリの記事

コメント

こんにちは♪
昭和後期の羽振りのいい頃には、「ミリオン」とかちょっと格好いい名前を付ける会社が、結構ありましたね。
あと野菜の引き売り・・・!
実は、これを商売にしても悪くないと思うんですよ。
年寄りが増えてスーパーが遠くなった今、結構行けるんじゃないかと思うんです。

投稿: とっぷくぷ | 2009年3月25日 (水) 15時27分

とっぷくぷさん
「引き売り」と言うんですか。いい響きの言葉ですね。
野菜の引き売り、ありだと思います。ここ数ヶ月の間だけでも、いたるところで見かけました。大型店に圧されて生鮮三品のお店がなくなり、困っている老人は沢山いるように思います。

投稿: Rambler5439 | 2009年3月25日 (水) 23時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ソメイヨシノが咲いた日に(3) 中野区中央 | トップページ | 黄昏の淡雪(4) »