« 黄昏の淡雪(5)  | トップページ | 中央線紀行 杉並区阿佐谷北 »

2009年3月27日 (金)

OK牧場の決闘 台東区浅草橋

Imgp3298 道幅いっぱいにひろがって通り過ぎていく4つの後ろ姿。これを目にした途端、頭蓋骨の内側でどんな化学作用が起こったのか、OK牧場の決闘におもむく保安官たちのイメージがオーバーラップし、反射的にシャッターをきりました。西部劇ごっこで遊んだ世代にとって、ワイアット・アープは憧れのガンマンでした。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

|

« 黄昏の淡雪(5)  | トップページ | 中央線紀行 杉並区阿佐谷北 »

台東区-2」カテゴリの記事

コメント

こんにちは〜♪
ぷぷぷ!!ホントダ!
西部劇っぽい感じがしますね。

投稿: とっぷくぷ | 2009年3月28日 (土) 11時09分

とっぷくぷさん
この写真を撮る10分ほど前、浅草橋の路地を撮っていたら、カサコソという乾いた音とともに、ファインダーの中にタブロイド紙が飛び込んできました。そのとき、「あっ、スナップには些細なことでも何らかの出来事が必要なんだ」と感じました。これからは、肖像権の関係で、どうしても後ろ姿や被写体ブレしているものが多くなりますが、できるだけ人を撮りたいと思っています。

投稿: Rambler5439 | 2009年3月28日 (土) 11時41分

爆笑です!!!good
私も最初にそう思いました、ってお互いじじぃ??

投稿: sa55t | 2009年3月28日 (土) 16時39分

sa55tさん
生家には空気銃があったので、小学生の頃はよく撃たせてもらいました。また、"ライフルマン"というテレレビ番組で見た大きなレバーのついたウィンチェスター・ライフルを買ってもらい、カウボーイハット風に改造した麦わら帽子をかぶり、近所の路地を駆けまわったものでした。

投稿: Rambler5439 | 2009年3月28日 (土) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 黄昏の淡雪(5)  | トップページ | 中央線紀行 杉並区阿佐谷北 »