« 雪の朝(3) | トップページ | 蔵の街 »

2009年3月 6日 (金)

雪の朝(4)

Imgp2537 Imgp2536 しばらくの間、会津若松シリーズにお付き合いください。この街は城下町として知られていますが、古くから漆器製造や醸造が盛んであり、また商都としても栄えました。いくつもの時代のさまざまな相が重畳しながら、静かに老い衰えていく姿が、いとおしくてなりません。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

|

« 雪の朝(3) | トップページ | 蔵の街 »

会津」カテゴリの記事

コメント

新幹線に乗ればすぐなんですが、なかなか行く機会がありません。
喜多方に行ったとき、街のあちこちにいい壁があった記憶があります。

投稿: 豊山 | 2009年3月 6日 (金) 20時53分

こんばんは〜!
会津若松には一度行った事がありますが、子供の頃だったので憶えておりません・・・・。
福島には海の方に縁があって、山の方へは行ってませんネー。
でもいいところみたいですね♪

投稿: とっぷくぷ | 2009年3月 6日 (金) 22時38分

豊山さん
磐越西線にはC57が走っていますし、只見線や会津線のディーゼル車や除雪車もなかなかです。ただ、公共交通の便はイマイチなんですよねー。東京からだと片道2,500円(早割料金)の高速バスがあるんですけど。

投稿: Rambler5439 | 2009年3月 7日 (土) 11時28分

とっぷくぷさん
山間に散在する集落を含めて、会津盆地の風景はかなり素敵ですよ。なんやかんやと帰省することが多くなりますので、折々の姿をご紹介していきたいと思います。

投稿: Rambler5439 | 2009年3月 7日 (土) 11時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪の朝(3) | トップページ | 蔵の街 »