« 廃屋(1) | トップページ | 廃屋(3) »

2009年3月11日 (水)

廃屋(2)

Imgp2492 Imgp2628 他の都市と同じように、会津若松でも購買力が郊外の大型店に流出し、市街地の商店街は疲弊していました。大型店は確かに安いかもしれませんが、その"安さ"の相当部分を非正規雇用による低賃金や圧倒的に優越する地位にもとづく買い叩き的な仕入れに依存していることを考えれば、結果的には貧困と地域の衰退を拡大再生産していくようにも思えます。どうすべきか。労働や公正取引に関する法令を含め、流通システム全体を根底的に見直す時期を迎えているのかもしれません。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

|

« 廃屋(1) | トップページ | 廃屋(3) »

会津」カテゴリの記事

コメント

廃屋。建物は口を持たないけれど、静けさのなかから、多くのものを語ってくれますよね。惹かれます。

投稿: neon | 2009年3月11日 (水) 13時38分

おはようございます!
ほんとほんと!
僕の育った地域は、小規模小売店全滅です・・・・・!
当時の同級生の御両親は皆70歳を超えて今、大根一本の為に大型店のレジに並ばされる羽目になりました・・・。
地域からは結構な距離もあって、雨天に歩いて出掛けるのは難儀です。
一大建て売りブームに沸いた地域からして、この始末。
姥捨て国!!

投稿: とっぷくぷ | 2009年3月12日 (木) 10時55分

neonさん
一昨日から都内での散歩を再開したのですが、どうしても会津若松の情景と比較してしまいがちで、ほとんどシャッターを切らずじますでした。街撮り者にとって、会津若松は一種のアヘンかもしれません。

投稿: Rambler5439 | 2009年3月12日 (木) 11時04分

とっぷくぷさん
いわきの実家の周辺でも、昔からのお店は全滅です。実母はコンビニで買物をしています。とんでもない世の中になってしまいました。

投稿: Rambler5439 | 2009年3月12日 (木) 11時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 廃屋(1) | トップページ | 廃屋(3) »