« ポンプのある風景 杉並区和泉 | トップページ | 沿線紀行(2) 世田谷区松原 »

2009年2月12日 (木)

沿線紀行(1) 世田谷区松原

Imgp1966 桜上水で用事をすませたあと、京王線沿いの小径をぬって代田橋まで歩きました。2年ほど前にもほぼ同じルートをたどったことがあるのですが、嬉しいことに街の景色はほとんど変わっていませんでした。ただ、レンズを向ける対象や撮り方はだいぶ変わったような気がします。まずはドライクリーニング店、松原洗染商会の偉容から。こちら は裏手の様子です。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

|

« ポンプのある風景 杉並区和泉 | トップページ | 沿線紀行(2) 世田谷区松原 »

世田谷区」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!!
世田谷って金持ちの巣のような振りをして、結構貧乏人が住んでますよね。
松原はもう、渋谷だか世田ヶ谷だかよく分からない印象があります。
ちなみに僕はカーナビが無いので、世田ヶ谷に入ったら二度と出て来られません・・・(元タクシー運転手より)

投稿: とっぷくぷ | 2009年2月13日 (金) 03時12分

とっぷくぷさん
かつては、この市場や世田谷線松原駅前の商店街はずいぶん庶民的だったような記憶があります(世田谷線の電車の床が、木製だったころのことです)。松原駅から赤堤の高台にのぼっていくと、田舎育ちの僕には眩し過ぎるほどの豪邸が建ち並んでいて、クラクラしたものでした。ちなみに僕は、その豪邸の一軒にお住まいの田園双葉に通うお嬢様の家庭教師をしていたのでした。

投稿: Rambler5439 | 2009年2月13日 (金) 11時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポンプのある風景 杉並区和泉 | トップページ | 沿線紀行(2) 世田谷区松原 »