« 冬の東雲東運河 江東区辰巳 | トップページ | ガード下から(1) 武蔵野市吉祥寺南町 »

2009年2月 3日 (火)

沖縄タウン 杉並区和泉

Imgp1377_2 "沖縄"をテーマに商店街の再生に挑んでいる和泉明街のはずれで撮りました。この日は休みのお店が多く人通りはやや少なめでしたが、商店街の事務所 には人が頻繁に出入りし、奮闘している様子がうかがえました。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

|

« 冬の東雲東運河 江東区辰巳 | トップページ | ガード下から(1) 武蔵野市吉祥寺南町 »

杉並区-2」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
♪テトラにちょん、お豆がちょん・・
こんばんは。愛川欽也です・・違うか!
こういう電気屋さんが、何故倒産もせずに営業を続けられるのか、いつも不思議に思っております。
多分、知恵やいろいろな手立てを駆使して、壮絶な生き残り戦に日々を送っておられるのでしょう。
頑張って欲しいと思うのであります!

投稿: とっぷくぷ | 2009年2月 4日 (水) 13時05分

とっぷくぷさん
お年寄りだけの世帯だと、配線などのセッティングに手間取るケースも多いでしょうから、そういったサービスを提供することで量販店の安売りに対抗しているのかもしれませんね。あと、マメに近所の人たちとコミュニケーションをとっていると「テレビや白もの家電は、テトラさん以外じゃ買いにくいよなあ」という雰囲気になるかもしれません。わが故郷では、今も洋品店や履物屋さん(靴屋さんではありません)、家具屋さんなどが頑張っていますが、母に言わせると「隠居が同級生だった」、「お父さんの友達だったから」といったことで今も贔屓にしているようです。

投稿: Rambler5439 | 2009年2月 4日 (水) 18時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬の東雲東運河 江東区辰巳 | トップページ | ガード下から(1) 武蔵野市吉祥寺南町 »