« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

風よ吹け !!

Imgp93792009年が 貧困を撒き散らすことにより繁栄を貪ってきた産業が滅んでしまう年となりますように。割に合わない対価で働きつづけてきた人たちが報われる年になりますように。農漁村や山村で暮らしている人たちがより多くの希望を抱くことのできる年になりますように。そして、若き日の早川義夫さんが淡々と歌った"サルビアの花"が似合うような写真を撮れる年になりますように・・・・どうか神風よ吹いてください。みなさん、よいお年を。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (6)

2008年12月30日 (火)

八百長 !! 墨田区東向島

Imgp9417_3 ここのところカメラに触っておらず、完全にネタ切れです。というわけで、24mmと50mmの単焦点レンズ(たまに135mmも)を持って出撃していた時期に撮ったものをアップします。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (9)

2008年12月29日 (月)

通リノムコウ 江東区北砂

Imgp8887ちょっと 留守にしますので、久しぶりのタイマー投稿です。上手くいくといいのですが。
アップした写真は、先日ご紹介した魚屋さん"魚水"から50mほど北で撮った丸八通り沿いの情景。中央に写っている小径を大汗をかきながら歩いた夏の日が、遠い昔のようにも感じる年の瀬です。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2008年12月28日 (日)

汐浜運河 江東区新砂

Imgp8046 汐浜運河沿いの遊歩道で、欄干のうえ置いたハンカチにカメラを押しつけてシャッターをきった一枚です。去年の大晦日は、江東区内で運河沿いの景色を撮り歩いていました。今年はどうしたものか。地形図を眺めているところです。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (8)

2008年12月27日 (土)

年の瀬 北区上中里

Imgp1101 去年の師走はどこの街を歩いていたのだろう。年の瀬になるとなぜか気になって、iPhotoの古い頁(仕事仲間のYさんから教えてもらったiPhoto Library Managerを使い、暦年ごとに分けてファイルを保存しているのです)をチェックしてしまいます。
アップした写真は、1年前、足立区や荒川区を歩きまわったあと、尾久駅近くの踏切をわたり本郷通り沿いにある地下鉄南北線西ヶ原駅に向かう途中で撮ったものです。今年も残すところ一週間足らず。久しぶりに銭湯に行って、一年の垢を流してこようかと思っています。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (4)

2008年12月26日 (金)

赤い自転車のある小路 江東区亀戸

Imgp8769 ずっと気になっている魚屋さんに向かう途中で偶然みつけた、JR総武線亀戸駅南口を出て京葉道路をわたったあたりにある小路です。撮影位置の左手には間口の狭い飲食店が軒を連ねていて、なかなかの雰囲気でした。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2008年12月25日 (木)

釣果なし 江東区枝川

Imgp8701 年の瀬ということもあって、カメラに触れることもなく慌ただしい一週間を過ごしました。今日アップする写真は半月ほど前のものです。この日は枝川橋のうえで釣りを楽しむ人たちを撮りたかったのですが、穏やかな夕暮れだというのに釣り人はゼロ 。手ぶらで帰るのも悔しいので、いつものように枝川市場などをめぐり歩いたという次第です。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2008年12月21日 (日)

魚水 江東区北砂

Imgp8893 中の橋商店街から仙台堀川へと丸八通りを急ぐ途中で撮った、黄昏時を迎えた"魚水"です。これまで魚屋であることを示すために"魚"という看板を掲げているのだとばかり思っていましたが、店名が気になったのでGoogle Mapでチェックしたところ、「水」の部分が剥落したものであることに気づいた次第です。なお、向かって左隣りの八百屋さんは"八百孝"というお店でした。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2008年12月20日 (土)

道端の小宇宙 江東区大島

Imgp8867 中の橋商店街から丸八通りに抜ける 脇道をたどる途中で目にした情景です。鉢植えをただ雑然と並べただけのようにも見えますが、秋から早春まではまったく陽が射さない真北に面していますので、植物に日光をあたえるため定期的に鉢を入れ替えているはずです。換気口や電力量計、さらには電柱、道路標識までをも作品の一部に取り込んでしまう見事な構成力に、ただただ圧倒されてしまいました。定点観測スポットに加えて、四季折々の様子をご紹介していきたいと思っています。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (6)

2008年12月19日 (金)

仙台堀川のほとりで 江東区南砂

Imgp8908 丸八通りが仙台堀川を跨ぐあたりの情景を撮りに出かけたのですが、途中で中の橋商店街をうろついたり、丸八通り沿いの夕景色に見とれてしまったりで、到着したのは日没後20分過ぎ。手ブレ写真を量産して退却してきました。比較的ブレの少ないものをアップします。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (4)

2008年12月18日 (木)

夕暮れの中の橋商店街(2) 江東区大島

Imgp8799 Imgp8801 暗渠化されてしまった竪川運河に架かる中之橋をわたり、商店街に足を踏み入れた途端、こういった情景が出迎えてくれました。脇道の奥には何が隠れているのか、街撮り者としては素通りするわけにはいきませんので、しばらくは大島通いが続きそうです。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2008年12月17日 (水)

夕暮れの中の橋商店街(1) 江東区大島

Imgp8813 大島6丁目と7丁目の境界道路に沿って、個人商店や小規模スーパーが軒をつらねる中の橋商店街。あえて侘しげな写真をアップしていますが、実際は砂町銀座にも負けないほどの賑わいでした(こちら )。砂町銀座のある北砂と同様、この地区も区画整理や道路改良はまったくといっていいほど行われていません。商店街の活性化には、まずは車が進入しずらい道をつくる(道路の拡幅ならぬ縮幅)べきではないか。あらためてそう考えた次第です。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2008年12月16日 (火)

雨上がりの小網町で 中央区日本橋小網町

Imgp8437 日本橋川沿いにある小網町には、昭和中期のたたずまいを残した一画があって、地下鉄茅場町駅を起点に街歩きをするときによく立ち寄ります。再開発が迫っているのか、ほとんどの建物は無人で、2棟あるビルはこんなふうに 落下物防止用の防護ネットで覆われています。先日ご紹介した蛎殻町の八百屋さん の近所なので、近いうちに夕暮れの情景も撮りにいきたいと思っています。なお、アップした写真は、2枚ともSILKYPIXのプリセットパラメータ"ノスタルジック・トイカメラ"をつかって現像したものです。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (4)

2008年12月15日 (月)

ベーゴマ 江東区石島

Imgp7942 4年近く街歩きを続けているにもかかわらず、ベーゴマで遊んでいる子供たちは、ただの一度も見かけたことがありません。ただ、ときおり「あっ、こういうところでやってたんだ」と思う情景に出くわすことがあります。今日ご紹介するのは、そんな場所を撮った一枚です。空き地というよりは隙間と呼んだほうがいいような狭い空間に10人ぐらいのガキが集まり、コマを賭けての真剣勝負を繰りひろげたものでした。ちなみに、器用だったぼくは必殺技(ツッケン、ダズ)を使ってはいけないというハンデを負っていたにもかかわらず、ズボンがずり下がってしまうほどの戦利品をポケットに詰めて家路につくのが常でした(^-^ )v。なお、周辺の様子はこちら
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (6)

2008年12月14日 (日)

夕暮れの大日坂 文京区小日向

Imgp74392窓をうつ氷雨の音を聞いていたら、熱中症に怯えながら歩いていた夏の日々が恋しくなってしまいました。そんなわけで、9月初めに撮ったものをアップします。ネタ切れということではありませんので、くれぐれも誤解なさいませんように(^_^;)。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (5)

2008年12月13日 (土)

ロウ粘土の香り 江東区清澄

Imgp8528どういう加減なのかは分かりませんが、 目にするたびに、小学生のころよく使ったロウ粘土の人工的な香りが鼻腔に甦ってくる、そんな建物です。あるいは小学校の正門前にあった駄菓子屋さん兼文房具屋さんが、似たような構えだったのかもしれません。この日は、日没直後の残光を浴びて輝いていました。横から見た姿はこちら 。背後の緑は清澄公園のものです。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (8)

2008年12月12日 (金)

下手な鉄砲 江東区枝川

Imgp8747 枝川の街を歩きまわるうちに日が暮れてしまったので、辰巳駅に向かうべく三つ目通りを南下していると、八枝橋にさしかかったところでこんな情景に出くわしました。日没時刻からすでに20分。空のいちばん明るい部分でAEロックし、下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるという格言を信じてシャッターをきりつづけたものの、やはり手持ちでは無理でした。最もブレが少ないものをアップします。画面の上部に見えているのは、首都高速9号深川線の橋桁。橋桁なしバージョンはこちらをどうぞ。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (4)

2008年12月11日 (木)

深川芭蕉庵 江東区常盤

Imgp84631 萬年橋のたもと、かつて深川芭蕉庵があったと比定されている一画で撮ったものです。建物の後ろは小名木川。数10メートル右手で隅田川に合流しています。付近にはまだ現役の町工場も多く、いくら歩いても飽きません。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2008年12月10日 (水)

煙草屋さん 江東区豊洲

Imgp77055 風邪のせいで出撃する気力がでてこないので、11月の上旬に東雲橋のたもとで撮った写真をアップします。8年ほど前、鉄塔工場や地下変電所を訪ねたときには、こういうお店をいくつも見かけたような気がするのですが、ここのところ物忘れがひどく、当時のイメージを呼び起こせずにいます。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (8)

2008年12月 9日 (火)

城東 江東区大島

Imgp85672 江東区のうち横十間川と荒川に挟まれた亀戸・大島・北砂・東砂・南砂・新砂のエリアは、城東と呼ばれています。関東大震災や東京大空襲では大きな被害を受け焼け野原となってしまいましたので、現在の街並は戦後につくられました。ただ、一部の地区を除いて区画整理がおこなわれていないこともあって、いまも住宅や町工場、商店などが混在する下町らしい情趣にみちています。
アップした写真は、城東と深川(横十間川と隅田川に挟まれたエリア)の境にかかる清水橋のたもとで撮りました。川向こうに並んでいる照明灯は、猿江恩賜公園のテニスコートのもの。かつてこの公園は、皇室の貯木場だったそうです。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2008年12月 8日 (月)

小名木川 江東区大島

Imgp86231 進開橋の上から眺めた小名木川です。正面に見えるのは、"疾る少年 "の記事で紹介した総武本線貨物支線(通称"越中島支線")のガード。夕暮れに、蒸気機関車に牽引された貨物列車がガードをわたっていく情景を見ることができたら、間違いなく泣いてしまうと思います。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (4)

2008年12月 7日 (日)

一茶が暮らした小径で 江東区大島

Imgp85852 大島2丁目で撮った越中島支線のガードです。この小径沿いには19世紀の初めに小林一茶が暮らしていたという神社があり、境内では黄葉した銀杏が輝いていました(この写真を見る)
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (4)

2008年12月 6日 (土)

疾る少年 江東区大島

Imgp86131 Imgp8616_2 日没時刻が過ぎたころ、小名木川に架かる越中島支線のガード下で最後のシャッターをきるためにカメラを構えていると、「じゃあなー、また明日!!」という元気な声。見れば、10歳ぐらいの男の子がもの凄い勢いで迫ってきます。久しぶりに全力疾走する子供を見て、嬉しくなりました。この少年、フォームもなかなかでした(この写真を見る)
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (4)

2008年12月 5日 (金)

沿線風景ふたたび 江東区大島

Imgp8571 Imgp8576 亀戸駅近くの魚屋さんを撮るために出撃したところ、なんとお休み。そこで飽きもせず総武本線貨物支線(通称"越中島支線")沿いの小径へ。前回(11月21日の"線路脇の風景" 参照)は時刻が早すぎたので、昨日は薄暗くなるまで待ってみました。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (6)

2008年12月 4日 (木)

街の古老たち 江東区新大橋

Imgp84452 学生生活をおくった1970年代の東京では、平屋建てが多数派だったように記憶しています。そして下見板張りのものも少なくありませんでした。生け垣で囲まれた趣味のいい小さな家に住むこと。いまでも憧れます。
アップした写真は、新大橋通り沿いの小径で撮ったものです。下見板張りの平屋と波トタン張りの二階屋が並んでいる姿は、あたかも地区の古老が立ち話をしているようでした。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (4)

2008年12月 3日 (水)

アーチ橋 江東区常盤

Imgp84711 一昨日にアップした写真の15分前に撮ったものです。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (6)

寒い朝 江東区平野

Imgp82843 一週間前の寒い朝に、木場公園近くの小径で撮った1枚です。こうしてみると、最近のマンションは、20階建て、30階建てが当たり前になっているようです。でも、地震や火事のとき本当に大丈夫なんでしょうか。他人事ながら心配でしかたがありません。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2008年12月 2日 (火)

夕暮れの清洲橋通り 江東区清澄

Imgp85012 JR両国駅をふりだしに南下し、昨日ご紹介した萬年橋をわたって清洲橋通りにでたあたりで見かけた情景です。撮影時刻は16時23分。冬至まで3週間たらずとあって、ずいぶん日が短くなりました。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2008年12月 1日 (月)

橋の上で 江東区常盤

Imgp8497 メンテナンス工事中の橋の上で撮った1枚です。防護ネットが紗幕の役割を果たし、幻想的な情景をつくり出していました。ネットの向こう側に歩道があるとなれば、「人影を入れて撮りたい」と考えるのが街撮り者の性。が、結果はこの通り(この写真を見る) 。腕と粘りが、決定的に足りないようですorz。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »