« 平久橋のたもとで 江東区木場 | トップページ | 単焦点レンズ 台東区鳥越 »

2008年11月 2日 (日)

裏店 江東区白河

Imgp75712 藤沢周平の作品には、裏通りや路地の奥にある貸家を意味する裏店(うらだな)という言葉がよくでてきます。一昨日、その名残を探して小名木川沿いの裏通りを歩いてみましたが、全くの期待はずれ。2時間ほど歩いたところで諦め、地下鉄駅に向かうことにしました。そんなときに出くわしたのがこの小径です。徹夜明けの身体をおして歩いた甲斐がありました。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

|

« 平久橋のたもとで 江東区木場 | トップページ | 単焦点レンズ 台東区鳥越 »

江東区」カテゴリの記事

コメント

ぬう、何屋さんなのでしょう?
遠くにフォークリフトらしきものが見えますね。
ところで昨日のライブは、たいへん盛況のうちに終える事が出来ました。
下北沢「無寸草とづづ」は、想像以上に良いお店ですので、下北沢方面へお出掛けの際は是非お運び下さいませ。

投稿: とっぷくぷ | 2008年11月 2日 (日) 12時03分

とっぷくぷさん
ライブの成功、おめでとうございます。ここのところ茶沢通り方面にはご無沙汰しているので、年内にいちど足を伸ばしてみたいと思います。
この通りには、印刷屋さんなどの小さな工場が軒を連ねていました。眺めているうちに「まっとうな暮らし」という言葉を思い浮かべてしまいました。たぶん、東京ミッドタウンとか六本木ヒルズなんかとは対極にある風景だとおもいます。

投稿: Rambler5439 | 2008年11月 2日 (日) 14時23分

私は赤坂とか六本木って足を踏み入れた
ことありません。しかしこの界隈は
なんとなく好きであります。
無機質な感じかな?それとも緑が少ないから
殺伐とした感じだからでしょうか?
枝川には数ヶ月生活したことあります。

投稿: MARU | 2008年11月 2日 (日) 16時55分

MARUさん
ご無沙汰しておりました。また、よろしくお願いします。
こういう小径を眺めながら、子供たちが走り回っていただろうかつての情景を想像することがあるのですが、そのたびに「つまらない社会になっちゃったなあ」と感じます。

投稿: Rambler5439 | 2008年11月 4日 (火) 08時07分

懐かしい手洗い場がありますね。
この写真を見ていると 色々なことを感慨深く思い出してしまいます。
一度 自分でも写真を撮ってみたくなります。
こうした風景に染み込んでいる人の暮らしを撮りたくなります。
いつになるやら・・・・口ばかり。

投稿: 光代 | 2008年11月 7日 (金) 23時21分

光代さん
100000アクセス達成、おめでとうございます。よーし何としても僕が、と思っていたのですが、仕事から戻ってチェックしたら既に100034となっていましたorz。
この写真は、時代モノの本場である深川のど真中で撮ったものです。こういう街で暮らしてきた人たちも撮りたいと思っているのですが、根が内気なので出来ないでいます。

投稿: Rambler5439 | 2008年11月 8日 (土) 09時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平久橋のたもとで 江東区木場 | トップページ | 単焦点レンズ 台東区鳥越 »