« 残照 江東区北砂 | トップページ | 落陽 江東区東砂 »

2008年9月 7日 (日)

Waltzing Matilda 江東区東砂

Imgp7265 数年前、Don Randi Trioのアルバムに収録されていた "Waltzing Matilda"を耳にして以来、子供の頃、NHKの"みんなのうた"でおぼえたこのオーストラリアの国民歌を、よく口ずさみます。一昨日も、荒川河口部の岸辺に腰をおろしてサンドイッチを頰ばるうちに、この曲が脳裡をよぎりました。音羽たかしさんが訳した歌詞はかなりの意訳ですが、名作です。

  ユーカリしげる川の岸辺に 
  キャンプの火を囲んで
  声をそろえて唄うこの歌
  ウォルシング・マチルダの調べよ
  ウォルシング・マチルダ ウォルシング・マチルダ
  われら自由の放浪者
  マチルダ肩にさあ友よ唄わん
  ウォルシング・マチルダの調べを

アップした写真は砂町水辺公園で撮ったものです。向こう岸は江戸川区の葛西。荒川に沿って首都高速中央環状線が走っています。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

|

« 残照 江東区北砂 | トップページ | 落陽 江東区東砂 »

江東区」カテゴリの記事

コメント

おはようございます!
これって、誰かが勝手に建てた桟橋でしょうか?
何か正式の施設としては、あまりにもアバウトな造りだと思います。

最近船の不法係留だとかニュースバラエティー番組で話題になるのですが、ちょっと弱い者いじめみたいな番組も多くて、深い事情を知らない僕にはどちらが悪いのだか分かりません。

写真的には、とても魅力的な桟橋ですね!

投稿: とっぷくぷ | 2008年9月 7日 (日) 11時23分

とっぷくぷさん
繋留されてるのは遊漁船や屋形船が殆どですが、かつては東京湾で漁をする小型漁船が舫っていたのではないでしょうか。手作りの桟橋ですが、河川の占用許可はとっているようでした。
最近のバラエティ化したニュース(特に夕方のもの)は、ヒドいのが多いですね。先日も、銀座の客待ちタクシーを"追及"していましたが、現場で働いている人たちの気持ちを一顧だにしない構成で、製作者の品性を疑いたくなりました。もっと"追及"すべき巨悪は無数にあるはずですし、この程度のことを"追及"するのであれば、バラエティ番組の無許可街頭収録はすべて道路交通法や公安条例違反で"追及"対象になるはずです。救いようのないクソッタレだと思いました。

投稿: Rambler5439 | 2008年9月 7日 (日) 13時42分

たしか、その曲は昔の戦争映画に使われています。それで、その曲を覚えた記憶が、、、

投稿: MARU | 2008年9月 7日 (日) 19時42分

写真のことですが イギリスの海に張り出した遊園地・・・・・・なんて言ったかなあ〜、昔の物で木造だったりして 火災で半分焼けちゃったとか何とか・・・・・なんて いい加減な情報でしょう!!
でも それを思い出しました。
こんな細いパイプだけで出来た桟橋。なんか キュ〜っとなりますね。

投稿: 光代 | 2008年9月 7日 (日) 21時03分

MARUさん
1959年に公開された、スタンリー・クライマー監督、グレゴリー・ペック主演の核戦争を描いた映画「渚にて(ON THE BEACH)」の主題歌として、世界的に有名になったようです。
元々は羊毛を刈り取る労働者たちのストライキにまつわるエピソードをモチーフとした歌で、それはそれで味わい深い内容です。

投稿: Rambler5439 | 2008年9月 7日 (日) 22時01分

光代さん
イギリスやアメリカ東海岸あたりの古い桟橋、いいでしょうねー。20年ほど前、ポトマック川やオンタリオ湖のほとりで見かけたことがありますが、気候のせいなのでしょうか、流木色(Driftwood)に色褪せていて、信じられないほどの美しさでした。
この場所にも木杭の桟橋がありましたので、近日中にご紹介したいと思います。

投稿: Rambler5439 | 2008年9月 7日 (日) 22時11分

10年以上前になりますが、荒川を水上バスで遊覧していた折にこの船着き場を発見したときは興奮しました。
確か、護岸がまだこんな小ぎれいに整備されていなかったように記憶しています。
でも、潮の香りに満ちていて、好いですよね。
Rambler5439さんのことだから、両側に船宿が並んでいて、向こうに土手が見える風景も撮られたのではないですか?

投稿: マフィンマン | 2008年9月 7日 (日) 23時07分

マフィンマンさん
日中に下見をし、北砂や東砂の小径を歩きまわって時間をつぶしたあと、日没の時刻になってから撮り歩きました。暗くなるに従って対岸に灯りがともり、いい雰囲気になったのですが、三脚がなかったので再戦を誓って退却してきました。船宿の集まる一画も、そのときに撮ってきます(ウィークデーで閑散としていましたが、それがまたいい雰囲気でした)。

投稿: Rambler5439 | 2008年9月 8日 (月) 08時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 残照 江東区北砂 | トップページ | 落陽 江東区東砂 »