« 石萬石材店 文京区小日向 | トップページ | 荒川夕景 江東区東砂 »

2008年9月12日 (金)

工場街 江東区東砂

Imgp7233 つい先日ご紹介したお気に入りの小径 の反対側を撮ったものです。左手の建物が製パン工場、右手が鉄工所になります。この道をまっすぐ進み、突き当たりに見えるレンガ色のマンションを廻りこむと、荒川の土手に出ます。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

|

« 石萬石材店 文京区小日向 | トップページ | 荒川夕景 江東区東砂 »

江東区」カテゴリの記事

コメント

わ!やば〜〜い!
私の会社の近くの風景にとても似ているんですもの。
左側が 茶碗蒸しを造る工場。
右は 雑多な諸々。
そして、この写真の奥に有る赤い建物の辺りがうちの工場という訳です。
そして、その向こうは 運河(だと思う)があって、ロケーションはとても似ていますね。
不思議ですね〜〜〜〜。

投稿: 光代 | 2008年9月12日 (金) 20時46分

光代さん
おはようございます。
この小径は、商店街(ずいぶん寂れています)のある通りと荒川堤防沿いの幹線道路を結んでいるのですが、このあたりから私道になっているので、じっくり撮るというわけにはいきません。それでも、近くにきたときは必ず立ち寄ることにしています。
大阪は運河がまだ生きているんですね。かつてはこの近くにも仙台堀という運河がありましたが、残念なことに埋め立てられ、公園になってしまいました。運河は海風の通り道になってくれるので、そのまま残しておくべきだと思うのですが。

投稿: Rambler5439 | 2008年9月13日 (土) 07時58分

おはようございます!
最近はヤクザな稼ぎで身を立てているので、こういう所で真面目に働く人を見ると・・・いや、そういう人達が働いていそうな建物を見るだけで、見に引け目を感じる様になりました!(泣)
食品関係の仕事は、売り物に自信さえ持てれば、「自他を生かし合うために働いている」感が持てて宜しいのです!
生涯で一番充実していたのは、神田市場で働いていた時、叔父さんの魚屋を手伝っていた時、坂戸辺りで焼き芋を売り歩いていた日々です!

投稿: とっぷくぷ | 2008年9月13日 (土) 08時53分

とっぷくぷさん
僕が鉄アレイをつかった筋トレをはじめたのは、これからの人生を肉体をつかった仕事と趣味に費やそうと考えたからです。いずれは連れ合いの実家がある会津で、小さな森林庭園づくりや畑仕事に精を出したいと思っています。

投稿: Rambler5439 | 2008年9月13日 (土) 09時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 石萬石材店 文京区小日向 | トップページ | 荒川夕景 江東区東砂 »