« 夕暮れの大島中央銀座(1) 江東区大島 | トップページ | 夕暮れの大島中央銀座(3) 江東区大島 »

2008年9月 3日 (水)

夕暮れの大島中央銀座(2) 江東区大島

Imgp7115 Imgp7120 総延長100mほどの商店街には、駄菓子屋やテイラー、洋品店もありました。通りの両端に掲げられたネオンサインが、時代の荒波を防いでくれたのかもしれません。
余談になりますが、洋品店"あさかわ"のご主人(この写真を見る。おばあちゃんの肩に手をかけている女性)にお話をうかがったところ、商品は日本橋横山町で仕入れているとのこと。街の洋品店がどんどん姿を消していくのにつれて、横山町の問屋街もずいぶん寂れてしまったと嘆息してらっしゃいました。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

|

« 夕暮れの大島中央銀座(1) 江東区大島 | トップページ | 夕暮れの大島中央銀座(3) 江東区大島 »

江東区」カテゴリの記事

コメント

おはようございます!
駄菓子屋さん、懐かしいですね。
僕の通っていたお店は木の建物、木の引き戸で年季が入っていましたよ〜。
既に2B弾は禁止で、僕等の買う物と言えば銀玉鉄砲にメンコ、忍者煙。
お菓子は、麩菓子や梅ソースせんべいがポピュラーでした。
ベーゴマが廃れていたりと、ランブラーさんの時代とは少しちがうでしょうね。

投稿: とっぷくぷ | 2008年9月 3日 (水) 10時25分

とっぷくぷさん
この駄菓子屋の店主は、ぼくと同年輩のオバちゃんで「もう30年もやってんのよ。30年。けっこう凄いでしょう」と熱く語ってらっしゃいました。
ぼくが小学生の頃は、銀玉鉄砲と2B弾の全盛期でした。2B弾はもっぱら手榴弾として使っていたのですが、空中で爆発させようと点火後数秒ほど投げないでいるうちに爆発してしまい、火傷をしたことが何度かあります。
器用だったので、ベーゴマは得意中の得意でした。特に、相手のコマに真上からぶつける「ダズ」という技は百発百中で、連続してやることを禁止されたほどです。

投稿: Rambler5439 | 2008年9月 3日 (水) 10時41分

この写真を見る・・・の写真 素晴らしいですね。好きです。

投稿: 光代 | 2008年9月 3日 (水) 20時59分

光代さん
過分のコメント、ありがとうございます。
洋品店"あさかわ"はの女主人は、人好きのする方でした。もちろん正面からも撮らせていただいたのですが、なんとブラしてしまい、仕方なく遠くから撮ったものをアップした次第です。秋から冬にかけて頻繁に通うことになりそうなので、いずれ改めてご紹介したいと思います。

投稿: Rambler5439 | 2008年9月 3日 (水) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夕暮れの大島中央銀座(1) 江東区大島 | トップページ | 夕暮れの大島中央銀座(3) 江東区大島 »