« いつもの道で 荒川区南千住 | トップページ | 光の球場 荒川区南千住 »

2008年7月29日 (火)

さくら新道の夏 北区王子

Imgp6752 Imgp6751fv この日は曇りという予報にもかかわらず、巣鴨駅に降りたつと夏の陽射し。光の隙間をすりぬけるように裏道をたどること小一時間、飛鳥山を越え"さくら新道"にさしかかったところで、ようやく陽が翳ってくれました。蝉時雨と、広報スピーカーから流れる光化学スモッグ注意報発令のメッセージを聴きながら撮った2枚です。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

|

« いつもの道で 荒川区南千住 | トップページ | 光の球場 荒川区南千住 »

北区」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
これは素晴らしい!!
やっぱりレンズに頼り切っている僕なんか、まだまだですね・・・。
暗い諧調の中に浮かび上がって来る、懐かしいような建物達・・・・!
堪能しました!!

投稿: とっぷくぷ | 2008年7月29日 (火) 13時47分

とっぷくぷさん
こんにちは。過分のコメント、ありがとうございます。
さくら新道を撮ったあと、前々から歩きたいと思っていた荒川区船堀方面に向かったのですが、1時間もしないうちに遠雷が響きはじめ、雨粒も落ちてきたので都電荒川線に乗って荒川区東部に向かいました。で、昨日ご紹介した南千住などを撮り歩いたという次第です。

投稿: Rambler5439 | 2008年7月29日 (火) 14時50分

一枚目。
余りに静かで スクーターや箒も使われているのだかどうだか。。。
こんなに魅力的な場所が まだまだ東京には残っているんですね。

投稿: 光代 | 2008年7月29日 (火) 21時55分

光代さん
ここはJRの線路脇に3棟の長屋が並んでいる飲み屋街で、東京の街撮り者にとっては、聖地の一つといっても過言ではない場所です。江戸の昔から桜の名所として知られた飛鳥山に隣接していますので、春、桜が舞い散る景観は見事のひと言・・・らしいです(夏から冬にかけてはちょくちょく立ち寄るのですが、なぜか春には訪ねたことがないんです^_^;)。来春には、なんとしても桜吹雪に煙る姿をお届けしたいと思います。

投稿: Rambler5439 | 2008年7月29日 (火) 22時40分

曇った日で無いとダメと云われていた意味がこの二枚目で得心しました、これを求めていたのですね、カメラ任せの自分には無理かも 大体この場に出会ってもダメと決め付けて挑戦してません。

投稿: henronin | 2008年7月30日 (水) 12時07分

遍路人さん
お褒めいただき、ありがとうございます。励みになります。
晴れた日に透明感のある写真を撮れたらと思うのですが、どうしても濁った印象のものになってしまいます。現像技術が未熟なことと、面倒くさがってPLフィルターやNDフィルターを使わなくなったせいだと思います。暑さが収まってきたら、フィルターを真面目に使って日向の景色を撮ってみます。

投稿: Rambler5439 | 2008年7月30日 (水) 19時11分

こんばんは。
街撮りのペースが戻ってきましたね。
昼のさくら新道如何でしたか?
軒と軒の間の路の写真がいいですね。
後ろが線路ということを感じさせなく、
どこかの裏山にでも続いているようです。

投稿: korotyan | 2008年7月31日 (木) 00時13分

korotyanさん
お久しぶりです。ブログ再開、お待ちしていました。香港の裏町に続いてタイの奥地とは。この調子でいくと、そう遠くない時期にパタゴニアやニジェール川源流域の風景も見せてもらえるのではと、無責任な期待を膨らませてしまいましたヽ(^o^)ノ。
さくら新道、じっくり撮りたかったのですが、薮蚊の攻撃が凄まじく、早々の退却を余儀なくされてしまいました。

投稿: Rambler5439 | 2008年7月31日 (木) 08時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いつもの道で 荒川区南千住 | トップページ | 光の球場 荒川区南千住 »