« 葡萄 荒川区荒川 | トップページ | 金松園というやさぐれ 荒川区荒川 »

2008年7月21日 (月)

路地裏 荒川区荒川

Imgp65527明治通りと都電荒川線、尾久橋通りに囲まれた一帯は、区画整理が行われていないこともあって、1/10,000地形図にも載っていない路地がたくさん残っています。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

|

« 葡萄 荒川区荒川 | トップページ | 金松園というやさぐれ 荒川区荒川 »

荒川区-2」カテゴリの記事

コメント

地図にのっていない路地・・・。
ロマンティックですね。

投稿: readymade_ayu | 2008年7月21日 (月) 09時48分

readymade_ayuさん
この日はneonticaさん(リンク欄の「N的画譚」を参照してください)の彩色画に触発され、京成本線脇にある「金松園」の看板がかかっている建物を撮りに行き、ついでに荒川4〜7丁目の路地や小径を歩きました。
汗まみれになってしまい、とても「ロマンチック」とは言えないような有様でしたが、散歩を終え鴬谷駅のホームでサイダーを一気飲みしたときには、充実感がありました(^o^)v。

投稿: Rambler5439 | 2008年7月21日 (月) 13時30分

おお。
この露地の湿気た空気は どうでしょう!
素敵ですね。それにこう言う所って こんな風に自転車が有るんですよね。
邪魔にならないように気を使っていらっしゃるんでしょうね。

でも ついそこには 新しい建物が迫っていますね。シャッターも窓もこちらを向いているから 仲良くしてらっしゃるんでしょうかしらん。

投稿: 光代 | 2008年7月21日 (月) 19時03分

こんばんは!
昔々、新聞の束を抱えてこのような路地を、ウロチョロ配り歩いていました。
建物がくたびれるのが先か、おいらが老いぼれるのが先か、って感じですね。
トホホホホ・・・。

投稿: とっぷくぷ | 2008年7月21日 (月) 21時13分

光代さん
僕の故郷にも、かつては同じような路地がたくさんあって、ベーゴマやビー玉、缶蹴り、かくれんぼ、戦争ごっこなどをして遊んだものでした。だから、こういう路地を見つけたときには、とても嬉しくなります。
ここ数年、東京はミニバブルだったので、古くからの路地がずいぶん姿を消してしまいました。ここもいつまであるか分かりませんので、マメに通ってきちんと記録しておきたいと思います。

投稿: Rambler5439 | 2008年7月21日 (月) 22時35分

とっぷくぷさん
今日は薄曇りで気温もそこそこと絶好の路地撮り日和だったのに、用事をいいつけられてしまい、(パチスロを含めて)出撃できませんでした。
街撮りをしていると、新聞の拡販団の人たちとよくすれ違います。高円寺から阿佐ヶ谷にかけてのエリアを集中的に歩いていた頃は、顔なじみになったオジさんもいました。他にも、電気やガスの検針や宅配便のセールスドライバーをしている人たちともよくすれ違います。街撮りのかたわらできるバイトがあると最高なんですけどね。

投稿: Rambler5439 | 2008年7月21日 (月) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 葡萄 荒川区荒川 | トップページ | 金松園というやさぐれ 荒川区荒川 »