« 霧の朝に(1)  | トップページ | 霧の朝に(3) »

2008年5月22日 (木)

霧の朝に(2)

Imgp4122f_3 Imgp4106fImgp4112f_2 昔のたたずまいを残した故郷の漁港です。1枚目の奥(北側)に
新しい港も築造されているのですが、番屋がならぶ古いほうの港に惹かれます。こちら(この写真を見る)は番屋から出てきたおばあちゃん。母もそうですが、東北の女たちは働き者です。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

|

« 霧の朝に(1)  | トップページ | 霧の朝に(3) »

その他」カテゴリの記事

コメント

おはようございます!
1枚目の広がって行く感じ、2枚目の雑然とした中に仕事がしやすいように配置された用具類・・・・とてもいい写真だと思います!

テントも一時的に作った物なんでしょうが、未来永劫壊れそうにないしっかりした組み方をしてありますね。
父、祖父の代の人達はこういう仕事が出来るんですよねぇ・・・・・。
僕が作ったら、きっとすぐペシャンコです。

投稿: とっぷくぷ | 2008年5月22日 (木) 11時33分

お帰りなさい。
三枚目いいですね~情緒がありますよね、
自分のような門外漢はこうした所が残った方が
いいと思いますが、やはり使いにくく危険なの
でしょうかね、懐かしさや情緒だけでは生活が
成り立たないのかも。

投稿: 遍路人 | 2008年5月22日 (木) 12時33分

とっぷくぷさん
ここにはかつて小さな魚市場もありました。鮮魚の輸送技術が未発達だった昭和40年代までは、加工されたものを除いて、ほとんどが地元で消費されていましたので、今にして思えば、東京では高級店でしかお目にかかれないような魚を日常的に食べていました。美味かったですよー(今回の帰省時にもたらふく食べてきました(^◇^)v)。

投稿: Rambler5439 | 2008年5月22日 (木) 20時33分

遍路人さん
3枚目に写っているのは、いわゆる海食崖で、いまも少しずつ崩落を続けています。
昭和50年代、新しい漁港や市場が整備されたのに伴って、番屋もなくなってしまうのではと思っていたのですが、嬉しいことに残りました。ただ、番屋を使っている人たちの高齢化が進んでいるので、あと10年もすればなくなってしまうかもしれません(若い人たちは、市場の近くに近代的な倉庫をつくっています)。

投稿: Rambler5439 | 2008年5月22日 (木) 20時39分

おかえりなさいませ。
先日、プチ撮影会を開催し青物横丁から立会川まで歩きました。
以前、コメントでご教示いただいた通り歩くことができました。
すごい場所が残っている旧東海道を歩きながら
これからの街撮りに希望を持った1日でした。

☆業務連絡です。
私のブログにて旧東海道撮影会の記事にRambler5439さんを
ご紹介させていただいております。よろしくお願いします。

投稿: readymade_ayu | 2008年5月22日 (木) 20時45分

良い港ですね。
こういう所とは関係がなくとも心温まる情景ですね。懐かしくもあり磯の香りが漂いますね。

投稿: sa55t | 2008年5月22日 (木) 22時20分

readymade_ayuさん
コメント、ありがとうございます。
「2008年の東京には、こんな情景があったんだ」と、何十年かあとの人たちが驚くような場所は、まだまだたくさん隠れているような気がしています。昨年の秋以降、出撃ペースが落ちているのですが、故郷でリフレッシュしてきましたので、これからはバリバリ歩きまわるつもりです。

投稿: Rambler5439 | 2008年5月22日 (木) 22時58分

sa55tさん
かつては青々と澄みきった水をたたえた磯もあって、夏は一日も欠かさず(雨の日も)泳いでました。台風のときまで泳ぎ流されてしまい、救難艇に拾ってもらったこともあります。昭和50年代以降、磯は埋め立てられ水も濁ってしまいましたが、最近、すこしずつ水質が改善してきているようなので、そのうち泳いでみようと思っています。

投稿: Rambler5439 | 2008年5月22日 (木) 23時15分

お帰りなさいませ。
凄い臨場感の港風景ですね。
雑然とした雰囲気がたまりません。
番屋ああいった建物は一度壊すと建てられないそうですね。
特徴ある建物で好きなのですが。
番屋のある光景、一度行って見たいです。

投稿: korotyan | 2008年5月22日 (木) 23時35分

korotyanさん
コメント、ありがとうございます。
港だけでなく町そのものも相当に見ものなのですが、カメラを抱えてうろついたりすると、「M(旧姓)さんとこの××××息子が、またおかしなことをしている」と陰口を叩かれそうなので、あまりご紹介できません。次に帰省した際には、変装して撮ってきます(って、かえって怪しまれるだけか^_^;)。

投稿: Rambler5439 | 2008年5月23日 (金) 08時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 霧の朝に(1)  | トップページ | 霧の朝に(3) »