« 吉野湯 新宿区西新宿 | トップページ | 竹町にて(2) 台東区台東 »

2008年5月 3日 (土)

竹町にて(1) 台東区台東

台東2丁目から4丁目にかけては、かつて竹町と呼ばれていました。久保田藩(のちの秋田藩)佐竹候の屋敷の西門扉に、竹が用いられていたことに由来すると聞きます。戦災に遭わなかったことから路地や古い建物も多く(この写真を見る)、いくら歩いても飽きません。アップした写真はともに3丁目の情景です。
Imgp1701f3 Imgp1695f3

|

« 吉野湯 新宿区西新宿 | トップページ | 竹町にて(2) 台東区台東 »

台東区-2」カテゴリの記事

コメント

三点の写真を見ると探究心をくすぐる物件が多く発見出来そうな匂いがします。
「ガスライター」の店構えはギリシャ風の柱と云えばいいのか独特ですね。
多分天井が低い二階三階部分の窓も興味をそそります。
2枚目の倉庫風建築の窓も見逃せません。

投稿: aoi_color | 2008年5月 3日 (土) 12時38分

こんにちは。
昔、父の会社が御徒町に在りました。
確か元浅草だったと思います。
ちょっと通じるところがありますかね。
そこも古い建物でしたが、階段など現在からは想像も出来ない程狭く、急勾配な物でした。

投稿: とっぷくぷ | 2008年5月 3日 (土) 13時29分

あおいさん
台東3丁目には古い物件と小径が、2丁目にはたくさんの路地が残っています。晴れた日に3丁目をぶらついていると、幼い日に父親に連れられて歩いた地方都市の情景を思い出します。京島にも匹敵する味わい深い街です。ぜひ、お出掛けください。

投稿: Rambler5439 | 2008年5月 3日 (土) 19時16分

とっぷくぷさん
台東や鳥越、小島、元浅草、松が谷のあたりは、歩くたびに新しい発見があります。これまでは日中を中心に歩いてきましたが、今年は夕暮れを中心に三脚持参で撮り歩きたいと思っています。

>そこも古い建物でしたが、階段など現在からは想像も出来ない程狭く、急勾配な物でした

昔、清洲橋通り沿いにあった印刷屋さんに徹夜明けで出張校正に出向き、急勾配の階段を転げ落ちた経験がありますので、よーく分かります、その感覚。

投稿: Rambler5439 | 2008年5月 3日 (土) 19時24分

探せばあるものなのですね。
逆に知る人ぞ知るでしょうか。いずれにせよこういう所を見ておきたいものです。
しかし日本からですとすんなりコメントが出来て気持ちがよろしいです。

投稿: sa55t | 2008年5月 3日 (土) 19時59分

sa55tさん
明日の記事で触れる予定なのですが、南北を蔵前橋通りと浅草通り、東西を新堀通りと昭和通りで画されたほぼ1km四方のエリアが東京で一番好きな場所、オイラにとってのHeart of Tokyo です。

投稿: Rambler5439 | 2008年5月 3日 (土) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吉野湯 新宿区西新宿 | トップページ | 竹町にて(2) 台東区台東 »