« お気に入りの小径で 墨田区業平 | トップページ | 春の光(1) 豊島区巣鴨 »

2008年3月23日 (日)

撮り鉄デビュー 北区上中里

Imgp3670f_2 昨日、荒川区内を歩きまわったあと、尾久車両センターや田端操駅の偵察に向かう途中で撮った東北本線の上り列車です。テールライトが少しでも明るく見えるよう、ファインストリート・モードで現像しました。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

|

« お気に入りの小径で 墨田区業平 | トップページ | 春の光(1) 豊島区巣鴨 »

北区」カテゴリの記事

コメント

一見味気ないステンレス車両ですが、
光を味方につけると凄く輝くんですよねー。

Ramblerさんならではの街と鉄の調和を楽しみにしてます!

投稿: 豊山 | 2008年3月23日 (日) 11時25分

豊山さん
AEロックして「早押しは禁物、グッと我慢だ」と念じながらシャッターを切りました。
この日は隅田川沿いの工場を撮り歩くつもりだったのですが、真新しいコンデシと三脚で嬉しそうに都電を撮っている小学生を見かけた途端、鉄の魂が揺さぶられてしまい、予定変更。尾久の車両センターに向かった次第です。上中里から東田端にかけては見どころタップリでした。次回は三脚と望遠レンズも持って出撃しまっス。

投稿: Rambler5439 | 2008年3月23日 (日) 12時00分

上記豊山さんがおっしゃるように
見慣れたステンレス車体が黄金色に
輝いていて郷愁を感じる色合いです!
この間のブルートレインの引退を見て
普段からもっと電車を撮っておくべきでは
ないかとホームで見かける度に撮るように
なってきました。ボクも鉄かも!

投稿: korotyan | 2008年3月23日 (日) 22時33分

korotyanさん
鉄、楽しいっスよー。
昨日は夕暮れに上中里から東田端まで歩きましたが、いい雰囲気でした。とくに東田端は鉄道の街だけあって、そこらじゅうに懐かしい情景が転がっていました。一脚しか持参しなかったので広角でしか撮れませんでしたが、次回は三脚+望遠を含めてガッツリ撮ってきます。

投稿: Rambler5439 | 2008年3月23日 (日) 23時10分

ステンレスの車体に写る太陽光がカッコいいです。
写真をよーく見ると駅の規模が見えて来ますがそれはほんの一部なんですよね。
車両基地も時代時代で扱う車両が代わり同じ新幹線でも何度デザインが代わって来たんでしょう。
国鉄時代はデザインや色など基本体は変わらず“定番”がありました。
最近は機能性能が日進月歩で変わり、便乗するカタチでデザインも変化に富んでいます。
鉄子がいる現代ここは今も昔もマニアの聖地なんでしょうね。

投稿: aoi_color | 2008年3月23日 (日) 23時13分

あおいさん
蒸気機関車や気動車を見て育ったせいでしょうか、最近の車両はどうも好きになれません。鉄道やバスの車両はその意匠を含めて公共物なのですから、もうすこし落ち着いた(けっして無難なという意味ではありません)色合いや形でもいいのではと思っています。
おっしゃる田端周辺は鉄道の聖地、心が熱くなるような情景があちこちに残っていました。いずれ写真をご紹介したいと思いますので、ご期待ください!!

投稿: Rambler5439 | 2008年3月24日 (月) 10時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お気に入りの小径で 墨田区業平 | トップページ | 春の光(1) 豊島区巣鴨 »