« 早春の勝島運河(2) | トップページ | 日曜日の品川宿で »

2008年3月12日 (水)

わが青春の新橋 

Imgp3311 この街には、何編かの物語を書けるぐらいの思い出が埋まっています。もっとも、どう頑張っても三文小説のネタぐらいにしかならない類いの、節操のない話ばかりなんですけど(^^;。
写真は新橋駅から浜松町方面に向かう途中で撮ったものです。街路計画のため、古くからの飲食店街が姿を消そうとしています。反対側はこんな情景でした(この写真を見る)。

|

« 早春の勝島運河(2) | トップページ | 日曜日の品川宿で »

港区」カテゴリの記事

コメント

Rambler5439さんのことですから
さぞかしピカレスクな小説が出来上がるのではと想像します。
新橋の反対側、広くスペースが出来ていましたが、その昔はどのような風景が広がっていたのでしょう?
そしてこれからどうなるんでしょうね。
話は飛びますが新宿の壁画、取り壊し前に間に合うことを祈りつつ、週末行って見たいと思います!

投稿: korotyan | 2008年3月12日 (水) 22時22分

korotyanさん
ピカレスクとは正反対の、エロ話満載のユーモア小説といったところです(^○^)。
10年ほど前までの新橋周辺には、ギターを抱えた小林旭や拳銃を構えてニヤついている宍戸譲が登場してきてもおかしくないような場所がたくさんありました。新橋にある雀荘で知り合ったオッさん、ネエちゃんたちも傑作な人間ばかりで、面白かったですよお。近ごろは街全体がお行儀よくなっちゃった印象があります。
吉野湯の写真、楽しみにしています。

投稿: Rambler5439 | 2008年3月13日 (木) 08時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 早春の勝島運河(2) | トップページ | 日曜日の品川宿で »