« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月29日 (金)

履物屋さん 北区赤羽

Imgp7193 昭和40年頃までは下駄や草履が普段の履物として使われていたので、よほどの都会でもない限り"靴屋"さんはなかったのではないでしょうか。ちなみにオイラが生まれ育った南東北の田舎町には、いまでも"下駄屋"さんしかありません。
pnc写真倶楽部通信 も更新しました。ぜひご覧ください。

| | コメント (0)

2008年2月28日 (木)

一日の終わりに 墨田区東墨田

Imgp0608 荒川の土手から見た東墨田、八広方面の夕暮れです。
pnc写真倶楽部通信 も更新しました。ぜひご覧ください。

| | コメント (6)

2008年2月27日 (水)

男たちの世界 港区海岸

Imgp2677_2Imgp2482 海岸通りの東側は港で働く男たちの世界だと思い込んでいたら、これが大間違い。最近はオフィスが増えたこともあって、スーツで身を包んだ女性の姿も珍しくありません。
アップした写真は東海汽船貨物部(この写真を見る)付近で撮ったもの。この一画だけは、今もなお男たちの世界です。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (0)

2008年2月26日 (火)

BAR おっちゃん 日本橋蛎殻町

Imgp0257 昨年の秋にmuffin-manさんの"東京雑派"が紹介した日本橋蛎殻町のBar "おっちゃん"です。muffin-manさんの記事を読んだ翌日、浅草橋駅から湊に向かう途中で怪しげな小径を見かけ突入したところ、この看板に遭遇したという次第です。
なぜか既視感があったので気になっていたのですが、先日、別のファイルを探すうちに昨年1月に撮ったこちらの写真を見つけました。
Imgp1206

このときは人物にばかり気を取られ、"おっちゃん"には気づかずじまい。2枚の写真を見較べながら、観察力と記憶力の衰えを痛感しました。
pnc写真倶楽部通信 も更新しました。是非ご覧ください。

| | コメント (4)

2008年2月25日 (月)

ゆりかもめ 港区芝浦

Imgp2831 Imgp3054 高速シャッターをきることのできる時間帯は車内が薄暗く、室内灯が輝きはじめる頃になると被写体ブレが起きてしまう。乗物の撮影は厄介ですね。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (4)

2008年2月24日 (日)

はなみずき通り 墨田区八広

Imgp0532_2 午前6時に起きて、卒業旅行に出発する息子を駅まで送り届けてきました。安宿に泊まりながら一月ほど放浪してくるのだそうです。帰ってきたらすぐさま合宿形式の新人研修がはじまり、それが終わりしだい地方の支局に配属されるとのことなので、実質的には今日から三人家族の暮らしがスタートします。
写真は昨年の秋に撮ったはなみずき通り。来週から東部戦線に復帰します。
pnc写真倶楽部通信 も更新しました。是非ご覧ください。

| | コメント (6)

2008年2月23日 (土)

勝手に"モヤさま"ファンクラブ通信 #4

Imgp1530 昨晩の"モヤモヤさまぁ〜ず2"は後楽園編の前半。外堀通りの歩道橋を起点に、まずは水道橋駅のガード下 を通って三崎町2丁目へと向かいました。そこで三人が遭遇したモヤモヤスポットが冨田書店、なんと古本の無人販売店です。野菜の無人販売所があるんですから古本の無人販売所があってもいいわけですが、やはり凡人としてはタマゲざるをえませんでした。
このまま神保町方面に向かい九段下ビルに突入してくれるのでは?と期待を膨らませていると、一行はなぜか反転して本郷へ。このあたり(この写真を見る)で本郷通りを越え、3丁目でエンディングとなりました。
来週は後楽園編の後半。素直に予想すれば湯島、外神田経由で秋葉原駅というルートになるのでしょうが、東上野経由で佐竹商店街というサプライズもありなのではと楽しみにしているところです。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (4)

2008年2月22日 (金)

遠い夏の日 荒川区荒川

Imgp6885_2イージス艦による事故のニュースに接するうちに、夏休みになると遊びに通った漁師町を思い出しました。小さな家々をぬうように砂がちの路地が走り、暇をもてあましていた小学生たちにとっては、夢のような遊び場でした。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (0)

2008年2月21日 (木)

細密ジオラマ的世界#2 中野区中央

Imgp7680 都市計画や建築を志す人たちは、高邁な(口の悪い人に言わせれば"独りよがりの")計画論や意匠論を学ぶ以前に、路地や商店街、農山村・漁村といった現場を歩きまわり、"暮らしとは何か"、あるいは"人が生まれ育ち、次の世代へと命をリレーしてゆくためには何が必要なのか"という点について、徹底的に考えたほうがいいのではないか。都心部や臨海部などで進められている大規模都市開発の現場を見るたびに、そんな想いにとらわれます。
pnc写真倶楽部通信 も更新しました。ぜひご覧ください。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (6)

2008年2月20日 (水)

細密ジオラマ的世界 荒川区荒川1丁目

Imgp6875このところパノラミックな写真ばかり撮っていた反動がきたのか、日々の暮らしがつくりあげた細密ジオラマのような景色が恋しくなってきました。そろそろ新芽も膨らみはじめる季節。天気の好い日を見はからって、東部戦線の路地に復帰しようかと思っています。
pnc写真倶楽部通信 も更新しました。ぜひご覧ください。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (6)

2008年2月19日 (火)

港町 港区芝浦

Imgp2983 芝から芝浦へJRのガード下を抜けたところで撮った一枚です。このガードを境に街の様相は一変し、港町らしい雰囲気が色濃く漂いはじめます。
pnc写真倶楽部通信 も更新しました。ぜひご覧ください。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (0)

2008年2月18日 (月)

東雲北運河 江東区枝川

Imgp1846 暁橋から見た東雲北運河です。中央に架かっているのは枝川と潮見をつなぐ八枝橋で、その上部には首都高9号深川線が走っています。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (0)

2008年2月17日 (日)

消えた街角 文京区後楽

Imgp5191 神田川沿いの低地にひらけた後楽2丁目の街も、再開発と都市計画街路整備のために姿を消してしまいました。雪の日に初めて訪ねた日から2年、まさかこれほど早くなくなるとは予想していなかったので、「そのうちRAWで撮り直そう」と雪景色のJPEGファイルを消去してしまったことが、悔やまれてなりません。在りし日の情景を何点かアップします。
  情景1(この写真を見る)
  情景2(この写真を見る)
  情景3(この写真を見る)
  情景4(この写真を見る)
  情景5(この写真を見る)
  情景6(この写真を見る)
  情景7(この写真を見る)
  情景8(この写真を見る)
"東京雑派"のmuffin-manさんをはじめ多くみなさんも撮ってらっしゃいますので、ぜひWEB上で探してみてください。

| | コメント (10)

2008年2月16日 (土)

勝手に"モヤさま"ファンクラブ通信#3

Imgp2542 昨日の"モヤモヤさまぁ〜ず2"は恵比寿編の後半。ファンクラブ通信第1号 で予想したとおり、山下ショッピンクセンターが登場したこともあって、深夜に独り盛りあがっておりました。来週は後楽園界隈とか。小石川1丁目や白山1、2丁目あたりをモヤるのではと期待しているところです。
写真は品川埠頭の西側で撮ったセメントプラント。本当は山下ショッピングセンターの写真をアップしたかったのですが、こんなもの(この写真を見る)しか残っていませんでした。無関係の写真で恐縮ですが、ご容赦ください。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (4)

2008年2月15日 (金)

暮れゆく運河 港区芝浦

Imgp2886 いま、日溜まりに置いた椅子のうえで、愛猫が欠伸をくりかえしています。絶好の散歩日和だというのに、こちらまでついウトウトしてしまいそうになっちゃいました。今日は久しぶりに中央線沿線の街を歩いてきます。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (0)

2008年2月14日 (木)

われ独りさまよう犀のごとく

Imgp8817_2 先ほど、卒論の担当教授だった方の訃報に接しました。普通は恩師と書くところなのでしょうが、お目にかかったのは後にも先にも口頭試問のとき一度だけなので、あえて"卒論の担当教授"とした次第です。
「大きくなったら何になるの?」という質問に「哲学者」と答える生意気なガキだったぼくは、その希望どおり哲学科に進みました。専攻したのはドイツ観念論。中学・高校時代を過激な少年たちの一人として過ごした反動でした。
口頭試問が終わったあとの雑談で卒業後の進路を訊かれ、「田舎で静かに暮らします」と答えると、担当教授は「羨ましい」と呟き、「われ独りさまよう犀のごとく」と続けました。不肖の教え子が卒論のテーマに選んだニーチェが好んだフレーズです。あれから31年、もうじき息子が口頭試問の日を迎えます。

| | コメント (0)

細道をゆく 墨田区千歳

Imgp1268 東京5000マイル計画の目標は、1/10,000の地形図に載っている23区内の細道すべて踏破すること。当初はすべての道を歩くことを宣言していたのですが、戸建住宅やマンションが延々とつづく道は、街撮り者に撮って地獄も同然でした。杉並区や練馬区などの住宅地を1年ほど歩いたのち、「もう耐えられません。勘弁してください」と白旗をあげた次第です。ただ、住宅街にも区画整理の魔手を逃れた路地や小径は残っていますので、それだけは何としてでも歩き抜くつもりでいます。
写真は墨田区と江東区との境界付近に残る路地。両側の家々はマンションやオフィスビルに変わってしまいましたが、わずかに暮らしの気配が漂っていました(この写真を見る)。

| | コメント (6)

2008年2月13日 (水)

撮り鉄デビューへの長い道#2

Imgp2055 JR大井工場周辺は2回ほど偵察しましたが、塀と金網でがっちりガードされているため、今のところ攻略の糸口すら掴めていません。まだロケハンの済んでいない東急大井町線の大井町駅やイトーヨーカ堂などからの眺めに望みをつないではいるものの、苦戦は必至の情勢。都内は諦め、川崎・横浜方面へ転進しようかとも考えはじめています。
冒頭の写真は、JR大井工場と三共工場に挟まれた一画で見かけた町工場。隣接する南品川には、明治期に建てられたという煉瓦造の建物(日本ペイント所有)もありました。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)Imgp2058

| | コメント (0)

2008年2月12日 (火)

汐浜運河夕景 江東区塩浜

Imgp1864 越中島貨物駅ロケに完敗し、ヨレヨレの状態で退却する途中に撮った汐浜運河の夕景色です。住居表示は"塩浜"なのに、運河のほうはなぜか"汐浜"と表記します。
塩浜には東京地下鉄深川検車区もあるのですが、こちらも撮影ポイントを見つけるのは容易ではなさそうです。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)Imgp1859

| | コメント (6)

2008年2月11日 (月)

撮り鉄デビューへの長い道

Imgp1789_2 昨年の暮れからJRの貨物駅や工場などへ出掛けているのですが、まったくと言っていいほど撮影ポイントを見つけられずにいます。今日の写真は、越中島貨物駅に向かう途中、東京地下鉄深川検車区の近くで撮った一枚です。このときも汐見運河に阻まれ、貨物駅に近づくことはできずじまいでした。撮り鉄デビューはなかなか果たせそうにありません。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2008年2月10日 (日)

海の記憶 江東区猿江

Imgp1763 大横川のほとり、猿江1丁目で撮ったものです。
古くは荒川と隅田川の河口部に広がる低湿地にすぎなかった江東区には、海岸線からずいぶん離れたエリアにも海に関係する地名が数多く残っており、そのものずばり"海辺"という町さえあるほどです。猿江もそんな地名の一つで、源義家臣猿藤太と記した鎧を身に着けた溺死体が漂着した入江に由来すると言われています("東京の地名の由来"より。他にも諸説あり)。
このあたりが埋め立てられたのは何世紀も前のこと。海の記憶をとどめるものは、もはや地名だけになってしまいましたが、路地や小径も多く、散歩者の眼を楽しませてくれます。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)Imgp1759

| | コメント (2)

2008年2月 9日 (土)

勝手に"モヤさま"ファンクラブ通信 #2

Imgp1140昨晩の"モヤモヤさまぁ〜ず2"は恵比寿に出没。有刺鉄線で守りを固める模型店など、例によってかなりモヤったポイントをめぐっていました。アップした写真は、模型店のあとに登場した小径。この奥に模型店店主の妹さんがやっているというアトリエがあります。
こちらの2枚も怪しい模型店の近所で撮ったものです(この写真を見る/この写真を見る)。恵比寿の街には意外なほど多くの路地や小径が残っていました。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (4)

2008年2月 8日 (金)

警戒塗装 江東区扇橋

Imgp1739 子供のころから黄色と黒の警戒塗装が好きで、見かけると条件反射的にシャッターをきってしまいます。ところでこの模様の名称はタイガーストライプだとばかり思っていましたが、この記事を書くにあたって確認したところ、Tigerstripeというのはジャングル戦などの際に着用する迷彩服のパターンを表す言葉のようです。アップした写真は小名木川のほとりで撮ったもので、すぐ近くには現役バリバリの製粉工場もありました。
pnc写真倶楽部通信 も更新しました。上海で撮った紅衛兵たちの写真もありますので、ぜひご覧ください。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)
Imgp1746

| | コメント (0)

2008年2月 7日 (木)

夜の場外市場 中央区築地

Imgp1434 場外を歩いていて目についたのがお寿司屋さんの看板。ずいぶん増えたような気がします。昔は安かったけど、今はどうなんでしょうか?
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (4)

2008年2月 6日 (水)

隠れた名所 墨田区東向島

Imgp4843Imgp4827 定点観測を続けてきたこのアパート群が、テレビ東京の"美の巨人たち"という番組で放浪の画家・長谷川利行を取りあげた際に、利行が借りていた家のイメージカットに使われていました。ちょうどこんなアングルです(この写真を見る)。気になったので調べてみたところ、05年の夏に放映された"女王の教室"というドラマで、天海祐希が演じる主人公が住んでいるアパートのロケ地にもなっていたことが判明、驚いているところです。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (6)

2008年2月 5日 (火)

消えた街角 港区三田

Imgp2316_2 これまでも何度かご紹介した三田1丁目の再開発地区で撮った一枚です。先日、ほぼ1年ぶりに立ち寄ったところ、跡形もなくなっていました。在りし日の情景を何点かアップします。
  情景1(この写真を見る)
  情景2(この写真を見る)
  情景3(この写真を見る)
  情景4(この写真を見る)
  情景5(この写真を見る)
pnc写真倶楽部通信 も更新しています。ぜひご覧ください。

| | コメント (4)

2008年2月 4日 (月)

桟橋 港区芝浦

Imgp2996_2なんとしてでも出撃し、この桟橋が雪に覆われているところを撮っとくんだった・・・と太陽が顔をのぞかせた今頃になって
後悔しはじめるオイラは、はっきり言って軟弱者です。
pnc写真倶楽部通信 も更新しています。ぜひご覧ください。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

| | コメント (2)

2008年2月 3日 (日)

佃島暮景 中央区佃

外は雪。東京より降雪量の少ない南東北の太平洋沿岸部で生まれ育ったこともあって、雪をみるとこの歳になっても心が浮きたちます。ただ、道路は泥まみれのシャーベットで覆われたような有様で、とても出撃できそうにありません。東向島の雪景色は、またもやおあずけです。
写真は昨年の暮れに撮った佃1丁目です。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

Imgp1701
Imgp1685

| | コメント (2)

2008年2月 2日 (土)

勝手に"モヤさま"ファンクラブ通信

Imgp0325_2 去年の秋に撮った中央区湊2丁目の情景です。昨晩放映された街撮り者必見番組"モヤモヤさまぁ〜ず2 "は、先週にひき続いて八重洲周辺をダラダラと歩きまわっていたのですが、駄菓子屋で買った子供ゴルフセットで遊ぶための場所を探し求めるうちに、ここ湊 2丁目の公園(というか原っぱ)まで移動してきたのでした。来週は恵比寿を訪ねる予定とか。番組のノリからして、山下ショッピングセンターのあたりに出没 するのではと、勝手に予想しているところです。
Imgp1136_4

| | コメント (2)

2008年2月 1日 (金)

橋ブレ 中央区勝どき

臨海部は一般人が立ち入れない区域が多いので、比較的眺望を得やすい橋の上から撮る機会が多くなりました。そんな時は下半身をつかって欄干に一脚を押しつけ、固定するようにしています。さすがにバルブ撮影は無理ですが、1/4秒ぐらいまでならさほどブレずにシャッターを切ることができます。しかし、このとき気をつけなければいけないのが橋ブレです。橋の振動は予想外に大きく、とくに大型車両の通過時の上下動は半端ではないので、収束するのをひたすら待つしかありません。
アップした写真は勝鬨橋の上で撮ったものです。晴海通りは交通量が多く、ついぞ橋ブレは収まってくれませんでした。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

Imgp1371 Imgp1377_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »