« 下見板張りの蔵 港区芝 | トップページ | 坂の下で 元麻布  »

2008年1月29日 (火)

夜の海へ

Imgp3050_3 ほとんどの船が一日の仕事を終えて帰投した夕暮れ、頼りなさげな舷燈をともした小型船が、独り船出していきました。舵を操っているのは赤銅色の肌をした老人で、かたわらでは見張り役をつとめる孫が航路灯を凝視している。ふと、そんな情景を思い描きました。
pnc写真倶楽部通信も更新しました。ぜひご覧ください。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

|

« 下見板張りの蔵 港区芝 | トップページ | 坂の下で 元麻布  »

港区」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。黄昏時の微かな一瞬を捉えた
素敵な色合いです。
既にK20Dはいらないのでは?
なんて思っちゃいます(;^^)
本日、とあるところから聞いたK20D情報によるとボディが13万代だそうです。
K10Dの発売時と同じぐらい、もっと価格が高いかと思っていたので驚きです。

投稿: korotyan | 2008年1月29日 (火) 23時02分

korotyanさん
WBをいつもの「撮影時設定」ではなく「昼光(晴れ夕方」にして現像してみました。わずかに青が濃くなった印象です。
K20D、依然として盛り上がりが見られないようですね。デジタルへの対応が遅れPENTAXがボロボロになっていた3年前、新品の大口径ズーム(24-70mmF2.8)を29,800円で入手したこともありますので、不人気も大歓迎です。あくまでも、Kマウントがなくならない程度にですが(^◇^)。

投稿: Rambler5439 | 2008年1月30日 (水) 11時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46627/10129236

この記事へのトラックバック一覧です: 夜の海へ:

« 下見板張りの蔵 港区芝 | トップページ | 坂の下で 元麻布  »