« 渋谷川のほとりで 渋谷区渋谷 | トップページ | Craftsmanship 港区芝 »

2008年1月26日 (土)

不運は徒党を組んでやってくる

4ヶ月ぶりに持ち出した三脚を担いで原宿から西麻布、東麻布経由で東京港を目指した昨日、"不運は徒党を組んでやってくる"ことをつくづく思い知らされました。

不運その(1)午後6時、寒風吹きすさぶ芝浦埠頭で、「さあこれからが三脚の本領発揮だ」とバルブ撮影を開始しようとしたら、2年ぶりの電池切れ。緊急用のアルカリ電池をセットしたところ、自然放電していたらしくこれまたスッカラカン。もはやコンビニを探し出す気力もなく、トボトボと田町駅への道をたどりましたorz。

不運その(2)午後7時10分、楽しみにしていた写真集を借りるべく、吉祥寺駅からタクシーを奮発して武蔵野中央図書館へ。休館日でしたorz。

不運その(3)午後8時40分、冷えきった身体を温めるべく熱いシャワーを浴び終えたところに、娘から買い物荷物が重いので迎えに来きてという電話。いつになく殊勝なもの言いに負けてアッシー君に。で、風邪をひきましたorz。

不運その(4)いつまでたっても熱が下がらないと思ったら、漢方風邪薬と間違えて漢方胃腸薬をのみつづけていたというお粗末。ただいま体温38度4分となっちょりますorz。

なお、アップした写真は不運の団体客に遭遇する直前に撮ったものです。気合いを入れてシャッターを切ったのに、ピントがきてません。これが5つめの不運でした・・・って、よくよく考えると全部"不運"じゃなくて"不注意"なんですけどね。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)
pnc写真倶楽部通信 も更新しました。ぜひご覧ください。

Imgp3024_3

|

« 渋谷川のほとりで 渋谷区渋谷 | トップページ | Craftsmanship 港区芝 »

港区」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
大変ですね風邪。
DSがバルブでしゃんと写るってしりませんでした。
今度やってみよ。
中判はバブル専門でした。人間シャッター。人間露出計。

投稿: sa55t | 2008年1月26日 (土) 13時41分

sa55tさん
日が沈んだ後も空の蒼さが残っているうちは絞り優先で、墨色になったらバルブで、と決めています。ちなみに、フイルム時代は掛け値なしに一度も成功したことがありません(^^;。デジカメ様々です。
さてist DS用のケーブルスイッチですが、CanonのRS60-E3がお奨めです。


投稿: Rambler5439 | 2008年1月26日 (土) 18時07分

CanonのRS60-E3
おー今度買ってこよー。
RD1をレリーズ撮影するとCCD熱ノイズって言うんですか、凄いです。どうするんだろ。デジ音痴です。

投稿: sa55t | 2008年1月26日 (土) 21時12分

sa55tさん
長時間の露光にともなう熱ノイズは、天体撮影をしている人たちの間でも悩みの種みたいですね。「ノイズ出まくりですが、なにか?」と居直るのが得意なオイラですが、さすがに10秒以上の露光は避けるようにしています。冷却装置をつけた強者もいるようです。

投稿: Rambler5439 | 2008年1月26日 (土) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46627/10080153

この記事へのトラックバック一覧です: 不運は徒党を組んでやってくる:

« 渋谷川のほとりで 渋谷区渋谷 | トップページ | Craftsmanship 港区芝 »