« シフト補正(3) 杉並区天沼 | トップページ | バス通り裏(2) 杉並区天沼 »

2007年12月 3日 (月)

バス通り裏(1) 杉並区天沼

十朱幸代さんが主人公だったこと以外、もう何ひとつ憶えていないのですが、ホームドラマの元祖的番組"バス通り裏 "の舞台は、荻窪の教会通り商店街のようなところだったに違いないと、いまも思っています。
(サムネイルをクリックすると拡大画像をご覧いただけます)

Imgp3480

Imgp0098_2 pnc写真倶楽部PENTSX PEOPLE に参加しています。

|

« シフト補正(3) 杉並区天沼 | トップページ | バス通り裏(2) 杉並区天沼 »

杉並区-2」カテゴリの記事

コメント

薄緑色の家は実に魅力的です。白いブラウスの女性がソロバンを、窓の奥ではじいていそうな雰囲気です。人々のいろいろな感情の起伏の波が今は静寂の中にそれを感じさせてくれる空気があるように思います。歴史を感じさせる東京はいいなーと思いました。

投稿: benta | 2007年12月 4日 (火) 00時54分

bentaさん
薄緑の建物は、東京堂という古くからあるクリーニング屋さんで、いまも夕暮れになると白熱電球を点けてアイロンがけする情景を見ることができます。"バス通り裏(2)"の2枚目は、その裏手を撮ったものです。
北海道はもう雪景色でしょうか。ほとんど雪が降らない土地で生まれ育ったせいか、東京にも早く降ってくれないかと心待ちにしています(雪国の会津で生まれ育った連れ合いは、あきれ果てています)。

投稿: Rambler5439 | 2007年12月 4日 (火) 11時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シフト補正(3) 杉並区天沼 | トップページ | バス通り裏(2) 杉並区天沼 »